\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

芸能マネージャーになるには?楽しいけどきつい!辞めたい人も多く離職率に注意

芸能マネージャーになるには エンタメ転職/就職

「芸能マネージャーになるにはどうすればいい?」
「芸能マネージャーはぶっちゃけ楽しい?きつい?」
「芸能マネージャーの離職率を知っておきたい…」

「芸能マネージャー」という言葉に対して華やかな印象を持ち、その業界で活躍したいと考える人は多いようです。

自分の知っているようなタレントや俳優、歌手などと行動を共にし、タレントの活躍に貢献できるというのは非常に魅力的であると言えます。

その反面、業界での人の入れ替わりは非常に激しく、離職率がとても高い仕事であるのも事実でしょう。

それでは、芸能マネージャーになるために必要なことや、魅力、逆に大変だと感じる部分を見ていきましょう。

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
doda(デューダ) マイナビエージェント マスメディアン
dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ マスメディアンのロゴ
✓ 転職満足度No.1
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介

  1. 芸能マネージャーになるには?今できることを紹介
    1. できること①一般教養・ビジネスマナーを身につける
    2. できること②PR・マーケティングを学ぶ
    3. できること③自分でイベントを主催してみる
  2. 芸能マネージャーが楽しい!どんなところ?
    1. 楽しいところ①仕事がなかったタレントが大舞台に立つことができた!
    2. 楽しいところ②あこがれの芸能人といっしょに仕事ができた!
    3. 楽しいところ③関わる人が多い分、感謝も多くされる!
  3. 芸能マネージャーを辞めたい・きついという人の本音は?
    1. きついところ①タレントのわがままについていけない
    2. きついところ②常に誰かと連絡をとっており精神的に疲れる
    3. きついところ③早朝・深夜の仕事もあり、生活が不規則
  4. 【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】
    1. ①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定
    2. ②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー
    3. ③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信
  5. 【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】
    1. ①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利
    2. ②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド
    3. ③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ
  6. 【Q&A】芸能マネージャーになるには?というひとのよくある質問
    1. ホリプロマネージャーの年収が気になる!
    2. マネージャーになるには大学の学部はどこがいい?
    3. 芸能マネージャーの離職率はどれくらい?
  7. 芸能マネージャーになるには|まとめ

芸能マネージャーになるには?今できることを紹介

新卒で芸能プロダクションに入るか、もしくは社会人として別の会社や業界で独自のスキルを磨いてから転職するか。

今できることは状況によっても大きく変わります。

ただ、芸能マネージャーになるために共通して言えることは

「この資格を持っていれば間違いない!」「このスキルがあるから大丈夫!」

という目に見えてわかる明確なスキルを持ち合わせているということよりも、

様々なことをバランスよく、着実にこなせる」というスキルが必要になってくると言えます。

その中でも、まずは3つを意識し、実行していきましょう。

関連 芸能マネージャーに向いてる人・適性【18選】適性診断で就職・転職を成功させよう

できること①一般教養・ビジネスマナーを身につける

最初に「一般教養・ビジネスマナーを身につける」ということはどの業界でも必要になってくるスキルであると言って間違いないでしょう。

その中でも、芸能マネージャーは一般的な常識や価値観、マナーを身に着けていることがとても大切な仕事になります。

芸能界には世間的に名の知れた人たちが多く、そういった人達に失礼なことをしてしまったらとても目立ってしまいます。

芸能界は噂や悪目立ちする話に敏感です。

人としてしっかりと行動できていればそのような目のつけられ方はしません。

ただ、一度でも「人として有り得ない」ことをしてしまうと、業界では「そういう人物なんだ」という目で見られてしまいます。

まずしっかりと挨拶をすることや、タレント、スタッフに失礼な言動を取らないこと

芸能マネージャーになるためには、そういった世間一般的な常識、マナーを身に着けていれば、大きな問題はないでしょう。

できること②PR・マーケティングを学ぶ

タレント・俳優・歌手などの芸能人は仕事を共にする仕事仲間であると同時に、会社や業界にとっては「商品」であるとも言えます。

そのタレントの得意なことや苦手な分野は何か。

タレントの持ち合わせているスキルは客観的に見て、業界の中ではどのような立ち位置か。

そのタレントの性格を把握し、より適した仕事にアサインすることが出来ているか。

このような視点でタレントを見たうえで、そのタレントをテレビ局や映画業界のプロデューサー、監督などにどのようにPRするか、そしてそのタレントを世間的にはどのような見せ方として確立させていくか

そういったPRやマーケティング視点というものを持ち合わせることが芸能マネージャーになるためにはとても重要です。

このスキルこそ、芸能マネージャーの腕の見せ所と言えるのではないでしょうか。

タレント達は芸能マネージャーのマーケティング力、PR力に大きく左右されます。

そして、タレントがどのようになりたいかを把握したうえで、戦略的に売り出していくことが求められます。

数多くいるタレントの中では、なかなか長所を見出してもらえなかったり、タレントの考えと事務所のマーケティングが一致せず、事務所を移籍してしまうこともあります。

大切なのは、タレントの人間性を理解したうえで適切なPRをしていくこと。

そして世間的な見られ方とタレントの価値観のギャップをうまくコントロールし、マーケティングしていくことです。

それが「芸能マネージャーの能力」に直結するでしょう。

できること③自分でイベントを主催してみる

芸能マネージャーになるためには、商材になるものがどのような人やモノを求めているかを理解することがとても大切です。

自分でイベントを主催したり、自分で写真や映像など、タレントにまつわることをまずは自分でやってみることが大切です。

これは「アサインする側の人間」としての視点を育てることができるため、とても有意義なものになるでしょう。

タレントのそばにずっといると、どうしてもタレント側の視点ばかりを考えてしまいます。

アサインする側、つまりテレビ局や映画配給会社などといった、仕事を依頼する側の視点を忘れてしまいます。

そうなると、「タレントにはどんなことを求めているのか」という仕事のコアとなる部分を見落とすことになります。

いかなるときも客観的な視点を持つことが大切です。

タレントを「商品」として見た時に、依頼に対してのメリットをセールスできる芸能マネージャーでなければいけません。

その視点を養うことは、依頼する側の業界で仕事をしていないとなかなか難しいことかもしれません。

しかし、小さな規模でも自分で何かを企画し、主催することを経験することでまったくもって物事の着目点や客観性が変わってきます

その視点を磨くために、自分でまずはイベントを主催してみると良いでしょう。

芸能マネージャーが楽しい!どんなところ?

これまで、芸能マネージャーとはどのような仕事なのかどのようなことを身に着けておけば良いのかをご紹介してきました。

では、「芸能マネージャー」の仕事の魅力は何なのか、やっていて良かったと思うことはどのようなことなのでしょうか。

芸能マネージャーという仕事のメリットや魅力を見ていきましょう。

楽しいところ①仕事がなかったタレントが大舞台に立つことができた!

タレントの活躍は本人の実力や人間性が何よりも大切なことです。

ただ、素晴らしい実力や感性、人間性を持ち合わせていても、なかなか陽の目を浴びずに苦しんでいるタレントが多いということは紛れもない事実です。

実際に現在では大活躍されているタレントの方々も、当初は全く仕事がなかったことで芸能界を辞めてしまおうと考えていた人も多数います。

そんな苦楽を共にしてきたタレントが自分のプロデュース能力も相まって、大活躍していくことを目の当たりにすることは、大きなやりがいと喜びに繋がります。

少し前まではなかなか上手くいかず、苦労を重ねる中で、徐々に芽を開いていく様を傍で共有できるという経験は、恐らく一般的な業界で仕事をする人たちには感じられない感動でしょう。

実際にタレントが「このマネージャーとやってきたおかげで、今の自分がある」

インタビューでそう答える場面も数多く目にします。

タレントを殺すも生かすも、自分の能力次第の部分があると言えますが、成功を収めることが出来た時、その瞬間はどんな言葉にも表現できないような感動が待っているでしょう。

楽しいところ②あこがれの芸能人といっしょに仕事ができた!

芸能界には様々な芸能プロダクションが存在します。

既に有名なタレントがいる事務所もあれば、個人事務所で活躍するタレントなど、その大きさや特徴は多岐にわたります。

そんな中で、大手の芸能事務所や、自分の好きなタレントの所属する事務所で働くことが出来れば、あこがれの芸能人と仕事を共にできるチャンスが訪れます。

芸能界で働きたいと思ったことがある以上、あこがれの芸能人というのは皆さんの心の中にいるのではないでしょうか。

その芸能人が活躍しているのを目にし、自分はこういう人たちと仕事をしたい。

そう思うのは芸能マネージャーになる動機として全く間違ったことではありません。

そのようなあこがれの人と仕事ができるというのは、芸能界で仕事をする上での特権であり、魅力であると言えるでしょう。

あこがれの芸能人から「芸能マネージャー」として認められ、仕事を共にすることができたのならば、そんなに幸せなことはないかもしれません。

楽しいところ③関わる人が多い分、感謝も多くされる!

芸能界で働くということは、多くの業界と仕事をするということです。

つまり、依頼する多数の業界の人たちが仕事相手になるということです。

例えば「タレントを起用する広告」という枠で見ても、そこには化粧品業界スポーツ業界電子機器業界など数えきれないほどの業界が存在することになります。

また、「芸能マネージャー」であるため、その業界の中でも様々な職種の人たちと仕事をすることになります。

いわゆる「クリエイター」と言われる職種の人だったり、「営業・プロデュース職」と呼ばれる人達など、関わる人たちは多岐にわたります。

多くの業界や企業では、ある程度決まった人や会社と取引することが多い中で、芸能界は常にいろいろな業界や企業、職種の人と仕事をすることになります。

そのため、仕事をするたびに様々な人と出会い、関係を構築することになります。

なので、いろいろな人たちから必要とされ、感謝される場面があります。

そのような多くの人との関わりから生まれる感謝や感動は、「芸能マネージャー」という仕事の魅力ではないでしょうか。

芸能マネージャーを辞めたい・きついという人の本音は?

これまで、「芸能マネージャー」として活躍する上での感動や楽しみ、メリットなどを紹介してきました。

芸能マネージャーはとてもやりがいがある仕事です。

タレントと幸せを共有できたり、あこがれの芸能人と仕事をしたり、多くの人と関わることで、多方面から感謝される魅力的な仕事です。

その反面、それだけやりがいのある仕事というからには、もちろん大変なことや辛いこともあるのは間違いありません

実際、芸能マネージャーという職種は、人の入れ替わりがとても多い職種であると言えます。

それだけ過酷だったり、大変な思いをするということです。

自分がどのような芸能プロダクションに入るのか、どんなタレントのマネージメント業務を担当するのかによっても「芸能マネージャー」という仕事の印象やイメージは大きく変わってきます。

では、芸能マネージャーの仕事で大変なこと、辛いことは何なのでしょうか。

デメリットや大変だと感じるところに関して見ていきましょう。

きついところ①タレントのわがままについていけない

芸能マネージャーという仕事をする上で、どのようなタレントのマネージメント業務を請け負うかは会社の決定であり、その場になってみないとわからないということが言えます。

芸能界には人として信頼出来たり、素晴らしい人間性を持つタレントがいるというのは事実ですが、その反面、人として未成熟なタレントも多いです。

実際、タレントの一部の中には、芸能マネージャーを自分の道具のように扱ったりする人もいるようです。

「あれ、買ってきて」
「なんでそんなこともできないの?」
「この仕事やりたくない」

そんな悲しい言葉が現場で飛び交うことが稀にあります。

芸能界には若くして一気に成功を収めたタレントも一定層います。

そのため、社会人経験などがなく、常識やマナーが身についていないようなタレントがいることも。

そのような理由により、耐えられなくなって芸能プロダクションを退社してしまう芸能マネージャーは一定数います。

ただ、昨今の業界では「タレントの前に、人として誠実な人」がより好まれるような風潮にあります。

タレントは「イメージを売りにする商売」です。

決して一般の観客にそのような態度を取らなくても、現場でスタッフに心無い態度をするタレントは、現場の雰囲気を悪くすることや、その人間性などによって、何かしらのトラブルを引き起こすことが多いです。

それらのことを週刊誌などに取り上げられたりすることで、タレントのイメージは悪くなり、徐々に存在感を失っていくということもあります。

そのような事態は、仕事を依頼する依頼主としても避けたいはずです。

以上のような理由から、「問題児タレント」という存在は、業界から少しずつ減少していくでしょう。

きついところ②常に誰かと連絡をとっており精神的に疲れる

芸能マネージャーの仕事の魅力として、多くの人と関わる機会があり、感謝や感動を多方面から得ることが出来る点をご紹介しました。

しかし、そのことからもわかるように、多くの人と連絡をやり取りするため、精神的に疲弊してしまうということも起こります。

いろいろな仕事が同時並行する中で、いろいろな人とやり取りをするため、芸能マネージャーになるためにはマルチタスクのスキルが求められます。

しかし、それを苦痛だと感じる人にとっては、芸能マネージャーの仕事は大変な仕事かもしれません。

様々な人と仕事をするということは、いろいろな生活リズムがあるということです。

そのため、たくさんの依頼がいろいろな時間に来ることもあれば、一時的に集中して来てしまうこともあります。

そのような点も、芸能マネージャーの仕事の特徴として、認識しておくべきでしょう。

きついところ③早朝・深夜の仕事もあり、生活が不規則

芸能マネージャーの仕事は一般的な業務とは全く違い、就労時間がとても不規則な職種であると言えます。

中には深夜、ないしは明け方まで撮影をする現場や、まったく土地勘のない田舎で宿泊しながら撮影を進める現場など、時間、場所、環境がとても不規則な仕事なのです。

体調の管理をしっかりとすることや、そもそもそのような生活を耐えられるか、ということは芸能マネージャーの仕事を目指すでしっかりと認識しておかなければいけません。

芸能マネージャーになるためには、体力的・精神的にタフであることが求められるということは間違いなく言えることでしょう。

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活サイト学生利用率5年連続No.1(2022年11月時点)
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

【Q&A】芸能マネージャーになるには?というひとのよくある質問

芸能マネージャーの仕事のイメージは出来てきたでしょうか。

これまで、芸能マネージャーという仕事のメリットやデメリットを紹介してきました。

ここからはよくある質問に答えていきます。

ホリプロマネージャーの年収が気になる!

ホリプロの中でも、年齢や担当部署によっても年収は大きく変わるでしょう。

ホリプロの新卒採用サイトでは、【大学院了・大学卒】月給255,000円

【短大卒・専門卒】月給235,000円という記載があります。

また、口コミサイトには新卒7年目・29歳・タレントマネージャーで500~600万円という情報があります。

マネージャーになるには大学の学部はどこがいい?

どの芸能プロダクションに就職を希望するかによって大きく変わります。

大手芸能事務所を志望する場合は、MARCH以上などの学力が必要といわれる一方、近年では学力優先ではなく、人間性や個性を重視する芸能プロダクションもあるようです。

また、学部としては、マスメディアやマーケティング、映像制作、芸術分野などのコースを履修していると、仕事に生かすことができます。

とはいえ、経済学部や法学部からでは入社できないというわけではありません

個人事務所など小さい事務所であれば、大卒でなくても募集をかけている事務所もあります。

大切なのは人として最低限のマナーを持ち合わせていること、そして芸能マネージャーという仕事を理解し、情熱を注げるかであると言えます。

芸能マネージャーの離職率はどれくらい?

業界全体で一般的な数字は明確化されていません。

日本全体での離職率に関して、令和3年では13.9%であるというデータがあり、芸能マネージャーの仕事は、その数字以上の離職率であることは間違いなさそうです。

大手芸能事務所のアミューズに関しては、現場の声に耳を傾け、会社のあり方を大きく変えたことで、離職率は33%から8%まで低下していったというデータがあります。

しかし、大手芸能事務所のアミューズにおいても、従来は離職率が30%を超えていました。

そのことから、業界全体で見た場合でも30%程度、もしくはそれ以上の離職率であると言えるでしょう。

芸能マネージャーになるには|まとめ

芸能マネージャーの仕事は、とても魅力的な仕事です。

マネージメントしたタレントが成功を収めることで感動を味わえたり、自分の好きなタレントと仕事をできたり、多くの人と関わることで感謝をしてもらえたりと、とてもやりがいのある仕事です。

その反面、タレントに翻弄されたり、多くの人と関わることで精神的に疲弊したり、不規則な就労時間で体調を壊す可能性があったりなど、人によっては苦労する可能性もあります。

芸能マネージャーの仕事は、精神的・体力的にタフであることが求められます。

そのため、芸能マネージャーになるためには、頑張ってタレントを活躍させるんだ、という強い意志と情熱が必要です。

その頑張りによって、一般企業ではなかなか得られないような感動を体験できる可能性がある仕事です。

逆に、一般的に刺激や活力といったワードを好まない人にとっては仮に芸能界を好きであっても、活躍することは難しいかもしれません。

まずは自分の性格や特徴をしっかりと理解したうえで、「芸能マネージャー」という仕事が自分に向いていそうかを判断する必要があります。

そして今できることを少しずつ行い、必要最低限のスキルを身につけましょう。

芸能マネージャーの仕事では、苦しいことや辛い経験もするでしょう。

しかし、それを乗り越えれば、なかなか味わうことのできない感動を味わうことができる特別な仕事であると言えます。

タイトルとURLをコピーしました