\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

エンタメ業界の就職は難しい?狭き門と言われる理由と成功させるために今できることを3つ紹介

エンタメ業界就職難しい狭き門 エンタメ転職/就職

「エンタメ業界への就職は難しいよ」
「エンタメ業界は狭き門だからね」

エンタメ業界への就職を志していることを伝えた時に、こんなことを言われた経験はありませんか?

インターネットで見かけたという方もいるかもしれません。

なぜ難しいと言われるのか、例え狭き門だとしても就職したい場合はどうすればいいのか気になりますよね。

 

今回の記事ではエンタメ業界への就職が難しい・狭き門だと言われる理由就職のために今できることに加え、よくある質問も紹介します。

お悩み解決の手助けになるかと思いますので、ぜひ最後まで読んでエンタメ業界への就職に役立ててください!

就職サービス おすすめ度 特徴 公式HP
キャリアパーク ★★★★★
(★5)
最短3日内定の大人気サービス https://careerpark.jp/
キャリアチケットスカウト ★★★★
(★4)
答えるだけで自己分析完了!企業からのスカウトサービス https://media.careerticket.jp/
就活ノート ★★★
(★3)
1000社を超える企業の通過ES実例 https://www.shukatsu-note.com/
転職サービス おすすめ度 特徴 公式HP
doda ★★★★★
(★5)
転職者満足度No.1 https://doda.jp/
リクナビNEXT ★★★★
(★4)
転職サイト最大手 https://next.rikunabi.com/
転職会議 ★★★★
(★4)
300万件以上の転職口コミ情報 https://jobtalk.jp/
\2023年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
doda(デューダ) マイナビエージェント マスメディアン
dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ マスメディアンのロゴ
✓ 転職満足度No.1
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介

  1. エンタメ業界への就職が難しい・狭き門と言われる理由
    1. 理由①採用人数が少ない
    2. 理由②人気が高い
    3. 理由③能力の高い志望者が多い
  2. 難しいエンタメ業界への就職を成功させるために今できること
    1. 自己分析から自分への理解を深める
    2. 企業分析を徹底する
      1. 公式サイトを確認する
      2. 決算説明資料を確認する
      3. カジュアル面談をする
    3. 採用試験に関する情報を集める
  3. エンタメ業界就職志望者のよくある質問
    1. エンタメ業界への就職に有利な大学や学部は関係ある?
    2. エンタメ業界に向いてる人は?
    3. エンタメ業界でホワイト企業ってある?
  4. 【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】
    1. ①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定
    2. ②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー
    3. ③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信
  5. 【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】
    1. ①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利
    2. ②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド
    3. ③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ
  6. エンタメ業界への就職は難しい?狭き門と言われる理由と成功させるために今できることを3つ紹介|まとめ

エンタメ業界への就職が難しい・狭き門と言われる理由

業種や職種にもよりますが、正直エンタメ業界への就職は簡単ではありません。

なぜ難しいと言われているのかを3つの理由に分けて解説します。

理由①採用人数が少ない

エンタメ業界は他の業界と比べても採用人数が少ない業界といえます。

就職を志している側としては採用人数が少ないことはマイナスなイメージにつながるかもしれません。

しかし、採用された後のことを想像してみてください。

 

採用人数が少ないということは、育成に力をいれられますし、様々な仕事を任せてもらえるでしょう。

一方で大量に採用する企業は、大量離職を懸念している可能性があります。

 

エンタメ業界への就職を志している皆さんは入社が目的ではなく、入社して働くことが目的であるはずです。

採用人数が少ないことは就職という観点では難しい、狭き門だとデメリットに感じるかもしれませんが入社後を想像し、絶対受かってやる!と強気の姿勢で挑みましょう!

理由②人気が高い

理由①の採用人数が少ないことに加えて、人気が高いとなると就職倍率があがるため不採用となる人が増えます。

東洋経済ONLINEが公表した内定倍率が高い会社1~50位の中にはエンタメ業界の企業も数社ランクインしていました。

一部抜粋して紹介します。

社名 総合職倍率 内定者数
東宝株式会社 420.0 10
松竹芸能株式会社 316.5 10
東映株式会社 215.0 12
株式会社WOWOW 176.6 5
株式会社バンダイナムコエンターテインメント 128.3 46

エンタメ業界は知名度のある業界が多いですし、華やかなイメージが多いため「働きたい!」と思う人が多いのでしょう。

エンタメ業界での就職を勝ち取るためには高い倍率の中で勝ち抜く必要があります。

理由③能力の高い志望者が多い

人気の高いエンタメ業界ですが、志望者の中には有名大学を卒業している(または卒業見込み)、TOEIC900点以上など能力の高い志望者が多くいます。

特別な資格が不要だとしても、資格を取るための努力も能力として評価されるのでしょう。

 

採用枠が少ないため、能力の高い志望者ですら落とされてしまうのがエンタメ業界です。

そのため「就職は難しい」「狭き門だ」と考える人が多くいます。

 

しかし、経験や経歴、大学に重きを置いていない企業は多数あるので、能力の高い志望者がたくさんいるから…と諦める必要はありません。

難しいエンタメ業界への就職を成功させるために今できること

エンタメ業界への就職は難しく、狭き門であるとは事実ですが、就職を成功させるためにはいくつかのポイントがあります。

今からでもできることを3つ紹介するので「まだやっていなかった!」というものがあればすぐに取り組んでください!

関連 エンタメ業界への就職は難しい?狭き門と言われる理由と成功させるために今できることを3つ紹介

関連 音楽業界の仕事一覧を紹介

自己分析から自分への理解を深める

自分への理解を深めることで志望動機などエントリーシートや面接での回答に厚みを持たせ、有利に進めることができます。

なぜなら、大抵の人は自己理解を深められていないため突っ込まれた質問への回答に戸惑ってしまうからです。

 

「自分の軸を持つ」「客観的に見た自分を的確に言語化し相手に伝える」ためにも自己分析は重要です。

単に「音楽が好きだから、制作に携わりたいと思った」ではなく、どのような音楽が好きなのか、なぜ好きなのか、働くことになったら会社のために何ができるのかと深くまで自分に問いかけてみましょう。

 

職に関する質問だけでなく、どのような家庭で育ったのか、大事にしたい考え方は何か等、価値観をはかる問いも自己理解に繋がります。

自己理解のための問いを挙げるので考えてみてください!

  1. 小さい頃の夢と理由
  2. 休みの日の過ごし方
  3. 何をしている時に一番幸せだと感じるか
  4. 働く上で一番重要なこと
  5. 目標とする人物と理由

すぐに答えは出せましたか?

悩んでなかなか答えを出せなかったという方は簡単な問いから徐々に深くまで分析を、すぐに答えを出せた方はその答えに対して、さらに自問自答を繰り返してみましょう。

新たな発見があるかもしれません。

関連 エンタメ業界の志望動機【3選】と面接の回答例文【5選

企業分析を徹底する

企業分析は「私はこの会社のことをよく知っています!」とアピールするためだけのものではありません。

自分のためにも企業分析は必要不可欠なのです。

 

入社後にどのような仕事を任せられるのか、他社と違う特徴はあるのか、自分が溶け込めるような社風かを理解することで、本当に志望した企業が自分に合っているかが分かります。

 

もちろん、志望動機をしっかり伝えるという面でも役立ちます。

他社との違いが理解できれば、なぜ志望したのかという理由に説得力を持たせられますよね。

 

企業研究は、公式サイト・決算説明資料・カジュアル面談等を用いて行えます。

以下ではそれぞれの活用ポイントを紹介します。

公式サイトを確認する

公式サイトからは、代表の挨拶や概要、企業の沿革、事業内容を確認すると良いです。

代表の挨拶には企業全体の価値観を表す言葉があるはずですから、自身の仕事に対する価値観と大きなズレがないかを見ておきましょう。

 

企業の沿革や事業内容には、どのような経緯で現在まで至ったのか、主要な事業から世の中ではあまり知られていない事業まで掲載されています。

沿革や事業内容について理解していると、他社との差別化を図った志望動機の作成が可能です

決算説明資料を確認する

決算説明資料からは企業の実態を様々な観点から、正確な情報を得られます。

業績が安定しているか、将来性はあるのかは志望者としても気になる点ですよね。

 

目指す企業像を確認することで、自分も目標に向かって企業に貢献できるよう努めたいと自己アピールできます。

カジュアル面談をする

カジュアル面談とは、合否に関係のない場で志望者と採用担当者がリラックスした雰囲気の中で会話を行う面談方法です。

かしこまる必要がないため、疑問に思っていることも聞きやすいですよね。

採用試験に関する情報を集める

新卒を対象とした採用試験の場合、SPIと呼ばれる適性検査が採用試験に含まれていることがほとんどです。

SPIとはSynthetic Personality Inventory(総合適性検査)の略で、1974年に「学歴や職歴などの表面的な情報だけではなく、個人の資質をベースとした採用選考に寄与したい」という考えから9割以上の企業で採用されています。

 

参考書や問題集を見たことある方も多いと思いますが、採用試験にはSPIだけでなく国語や数学等の基礎的な学力を測ったり、エンタメ業界に関する知識を問うテストを採用している企業も多いのです。

 

最近は新型コロナウイルスの影響でWebでのテストを採用している企業もあります。

実際に試験を受けた人たちの声などは就活ノートにまとめられています。

採用試験に関する情報を集めて、選考を突破していきましょう!

エンタメ業界就職志望者のよくある質問

エンタメ業界への就職を考え始めると、疑問に思うことも出てきますよね。

以下では志望者のよくある質問について回答します。

エンタメ業界への就職に有利な大学や学部は関係ある?

正直、エンタメ業界の就職において大学や学部を特に気にする必要はありません

 

「自分の大学はランク低いから…」と不安に思う気持ちはよく分かります。

企業の採用実績校を確認すると、旧帝大や有名私立大学の名前があがっていることが多くあります。

 

しかし、採用された人たちが良い大学に通っていたからという学歴で受かっているわけではありません。

自己分析や企業分析を徹底して行い、自己PRをした結果企業の求める人材と一致したから採用されたのです。

 

在籍する大学のランクが低い、この学部では受からないと心配する必要はありません。

できる準備を最大限に行い、就活に挑みましょう。

エンタメ業界に向いてる人は?

一般的に能動的に動ける人・コミュニケーション能力がある人等がエンタメ業界に向いてると言われていますが、エンタメ業界の業種幅はとても広く、プロデューサー、技術スタッフ、制作、販売と業種も多岐にわたります。

 

多くの人が関わり、人々に喜んでもらえるコンテンツを作り上げるという点はどの業種でも共通しています。

ただ「人と関わりたくない…」という考えの方は避けるべき業界であることはイメージできるとおもいますが、この性格なら、この能力があればエンタメ業界のどこでも上手くやっていける!というものはありません。

 

一例ですが、東映株式会社は「皆さんが持つ様々な経験やスキルを活かしながら、自らの意思と行動で、今までには無かったおもしろいモノを生み出していく。」という文章を採用ページに記載しています。

この文章から受動的で、既成概念に囚われるような人物ではなく能動的で、新しいことに挑戦できる人物が向いているということが分かりますよね。

 

志望する業種が向いているかを確認したい場合は企業の採用ページから求める人物像を確認してみましょう。

関連 音楽業界に向いてる人の特徴【3選】楽しさや裏方の仕事などを紹介

エンタメ業界でホワイト企業ってある?

エンタメ業界はブラックだという話を一度は聞いたことがあるかと思います。

誰だってブラック企業で働きたいとは思わないですし、エンタメ業界にホワイト企業があるなら知りたいですよね。

 

ホワイト企業かどうかは以下の項目から判断できるでしょう。

  • 有給が取得しやすい
  • 給与が高い
  • 残業時間が少ない
  • 家賃補助などの福利厚生が充実している

企業が採用情報を出すときに、有給の取得率は低いです!残業時間は月100時間を超えます!等マイナスな情報を出すわけがありません。

そのため、ホワイト企業かどうかを採用情報から得るのは難しいでしょう。

 

労働環境を実際に知るには、転職会議などの口コミサイトの確認がおすすめです!

実際に働いている人の声を確認できるので入社してからイメージと違ったと後悔することを防げます。

ただ、口コミサイトは匿名で投稿できるため、1人の口コミ全てを信用するのではなく複数人の口コミを見て総合的に判断してくださいね。

関連 エンタメ業界のホワイト企業ランキング【29選】ブラック回避の方法【3選】

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活サイト学生利用率5年連続No.1(2022年11月時点)
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

エンタメ業界への就職は難しい?狭き門と言われる理由と成功させるために今できることを3つ紹介|まとめ

今回は

  • エンタメ業界への就職が難しい・狭き門と言われる理由
  • エンタメ業界への就職を成功させるために今できること
  • エンタメ業界志望者のよくある質問

を紹介しました。

採用人数は少ない上に人気で能力の高い志望者も多いため、エンタメ業界への就職は狭き門だと言われています。

しかし、自己分析・企業分析の徹底、採用条件の確認を行うことで、経験や経歴に関係なく就職に近づくことはできます。

できる準備は全て行い、エンタメ業界への就職を目指しましょう!

\\ 【転職向け】完全無料!かんたん3分登録 //

URL:https://doda.jp/

※転職者満足度No.1
\\ 【就職向け】完全無料!かんたん60秒登録 //

URL:https://careerpark-agent.jp/

※最短3日内定の大人気サービス
タイトルとURLをコピーしました