\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

芸能マネージャーは辛い?忙しい時期は?激務な現実の口コミ・体験談を紹介

芸能マネージャー辛い エンタメ転職/就職

憧れの芸能人と一緒に仕事したい!

華やかな芸能界で働きたい思いから、芸能マネージャーを志望する学生・社会人は数多くいます。

芸能事務所の求人情報をいくつか見れば、仕事内容や勤務条件は概ね分かりますし、先輩社員の声は仕事のやりがいや楽しさにあふれているでしょう。

ところが、すこし調べるだけでも、「体力的に辛い」「人間関係が大変」といったネガティブな体験談もちらほら。

今回は、独自リサーチした情報や激務な現実の口コミ・体験談をもとに、芸能マネージャーの仕事が辛いと言われる理由について解説していきます。

また、芸能マネージャーを辞めたいと思った時にやるべきことやよくある質問についてもご紹介しているので、芸能界に興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
doda(デューダ) マイナビエージェント マスメディアン
dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ マスメディアンのロゴ
✓ 転職満足度No.1
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介

  1. 芸能マネージャーが辛い・激務と言われる理由【5選】
    1. 辛い・激務の理由①ワークライフバランスの悪さ
    2. 辛い・激務の理由②担当タレントのコンプライアンス管理が大変
    3. 辛い・激務の理由③移動が非常に多い
    4. 辛い・激務の理由④マルチタスクが必須
    5. 辛い・激務の理由⑤常に人間関係を良好に保たなければならない
  2. 芸能マネージャーの現実を口コミ・体験談で紹介
    1. 事務所・タレント・取引先の調整ごとが多すぎてハードワーク
    2. タレントがわがまますぎてストレスが溜まる
    3. そこそこ給与は高いがその分激務で離職率が高い
  3. 「芸能マネージャーを辞めたい」と思ったときに真っ先にやること
    1. 転職エージェントサービスを利用する
    2. 企業の口コミサイトを確認する
    3. 転職希望先のカジュアル面談をしに行く
  4. 【Q&A】芸能マネージャーのよくある質問
    1. 芸能マネージャーの忙しい時期はいつ?
    2. 芸能マネージャーの楽しいところはどこ?
    3. 芸能マネージャーの休みはどうなっている?
    4. 芸能マネージャーの離職率はどれくらい?
  5. 【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】
    1. ①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定
    2. ②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー
    3. ③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信
  6. 【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】
    1. ①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利
    2. ②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド
    3. ③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ
  7. 芸能マネージャーは辛い?|まとめ

芸能マネージャーが辛い・激務と言われる理由【5選】

芸能マネージャーの仕事が辛い・激務と言われる理由は、主に以下の5つです。

それでは、1つずつ詳しく見てみましょう。

辛い・激務の理由①ワークライフバランスの悪さ

1つ目の理由は、ワークライフバランスが悪いことです。

タレントの仕事は、一般企業の会社員とは異なり、勤務時間の決まりがありません。単発の仕事がいつ入るかは予想できませんし、仕事が深夜に及ぶことも

芸能マネージャーは、不規則勤務のタレントに同行して朝早くから夜遅くまで働くので、プライベートを犠牲にして仕事一辺倒な生活になりがちです。

地方ロケの遠征続きで家に帰れなかったり、友人や大切な人と会う時間がとれないのはとてもキツイといった体験談はすぐに見つかるでしょう。

芸能事務所の求人情報を見ると、芸能マネージャーの勤務時間は10時〜19時に設定されていることが多く、実働7〜8時間程度ではないかと思われるかもしれません。

大手事務所になると、週休2日・休日出勤時の振替休日も確保されており、意外に恵まれていると思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、どんな企業でもそうですが、サービス残業という言葉があります。

労働基準法上、残業時間を青天井につけることは難しく、月の上限時間を超過する分は残業申告せず、サービス残業でしのいでいる現場の声もよく聞かれます。

求人への応募の際は、実際の勤務状況を確認したほうがよいでしょう。

辛い・激務の理由②担当タレントのコンプライアンス管理が大変

2つ目の理由は、担当タレントのコンプライアンス管理が大変だからです。

イメージ商売であるタレントのスキャンダルは命取りであり、あまりにイメージとかけ離れたスキャンダルを起こすと、今まで築き上げたブランドが一気に崩れ去る可能性があります。

一般企業でのコンプライアンス研修は定着していると思いますが、実は芸能界がコンプライアンスに厳しくなったのはつい最近のことです。

タレント自身がコンプライアンス意識を高めるのは勿論ですが、芸能マネージャーは、タレントのイメージやブランドを守るために陰ながらサポートしています。

例えば、タレントのSNS投稿がイメージやコンプライアンスに抵触していないか日々チェックを欠かしません。

とはいえ、タレントのプライベートまで全てチェックできるわけではなく、自由奔放な性格のタレントの場合は特に管理が大変です。

スキャンダルが報道された時の対処も芸能マネージャーの仕事になるので、テレビ局やスポンサーへの謝罪行脚や、タレントに代わって謝罪会見することもあります。

事務所とタレントとの間で板挟みになる、中間管理職のような芸能マネージャーの悩みは尽きないことでしょう。

辛い・激務の理由③移動が非常に多い

3つ目の理由は、移動が非常に多いからです。

タレントのロケは全国津々浦々、地方のどこで行われてもおかしくありません。人気タレントになると、海外ロケの仕事も舞い込んでくるでしょう。

ツアーなどで日本全国を回る時などはホテルを転々するので疲れますし、神経質なタレントも多いので、宿泊先や食事内容まで気を遣う必要があります。

他の有名アーティストのライブ遠征とバッティングすると、駅周辺のホテルが満室になりやすいので、業界人である知人の自宅に泊めてもらうこともあるそうです。

全国どこでも仕事をする芸能マネージャーにとって、各地で助けてくれる人脈を育てておくことは大切な仕事の一つなのです。

辛い・激務の理由④マルチタスクが必須

4つ目の理由は、マルチタスクが必須だからです。

芸能マネージャーの仕事は、スケジュール管理、電話対応、タレントの現場同行があり、これらを同時進行でこなす必要があるため、様々な仕事を素早く処理する要領の良さが求められます。

イレギュラーな出来事も現場では日常茶飯事であり、瞬時に優先順位を決めて一つ一つ確実に処理する対応力も必要とされるでしょう。

芸能マネージャーは、タレントの一番近くで身の回りのサポートをする立場です。

タレントの要望に応じて買い物にすぐ走ったり、気を利かせて重い荷物を持ったり、他の事務所スタッフやタレントへの挨拶もこなすなど、雑務を嫌がらず献身的にこなせることは大事な適性だと思われます。

辛い・激務の理由⑤常に人間関係を良好に保たなければならない

5つ目の理由は、常に人間関係を良好に保たなければならないからです。

芸能マネージャーは、担当しているタレント、クライアント、マスコミなどの間で板挟みになることが多い職業なので、人とコミュニケーションをとるのが得意でトラブルも上手に対処できるタイプでなければ務まりません。

関わる人々のストレスを取り除き、ニーズに答える難しさ。相手が心地よくいられるにはどういう働きかけが必要なのか、それを理解するのは大変です。

特に、ほとんど生活をともにする担当タレントには、同化できるほど寄り添う努力をする必要があります。個人的な意見や感情をできるだけ抑え、自分をコントロールする精神的な苦労は大きいと思います。

芸能マネージャーの現実を口コミ・体験談で紹介

SNSには、芸能マネージャーに関する現実の口コミ・体験談がいくつも投稿されています。

現場の生の声として参考になりますので、その一部をご紹介します。

事務所・タレント・取引先の調整ごとが多すぎてハードワーク

元大手芸能事務所の所属で、現在は個人エージェントとして活動中の早川真翔氏は、芸能マネージャーの調整ごとの多さに言及されています。

芸能マネージャーの仕事に限らず、利害の対立する人々の意見を調整して、上手に落としどころを見つける調整力は、ビジネスマンにとって重要なスキルの一つです。

マルチタスクで確かにハードワークかもしれませんが、調整力を向上させられる絶好の機会と思って踏ん張ると大きく成長できるかもしれません。

タレントがわがまますぎてストレスが溜まる

次は、現役の経営者で、芸能マネージャーの知人を持つ三橋氏の投稿です。

有名女優と一日中一緒にいられるなんて、一般人からすれば羨ましい限りですが、人間誰しも裏の顔があるということでしょうか。

全てのタレントがワガママで自由奔放というわけではないでしょうが、芸能マネージャーは担当するタレントを選べない立場です。

性格の合わないタレントを担当することになり、三橋氏の知人のように顔も見たくない関係になってしまうことはあり得ます。

どこまで仕事と割り切って人間関係を良好に保てるかが鍵だと思います。

そこそこ給与は高いがその分激務で離職率が高い

最後は、ライターの鷹山明夫氏の投稿です。

芸能マネージャーは激務に見合うだけの高給をもらっていたとしても、その多くが激務に耐えきれず退職してしまうようです。

たくさんお金を稼げればワークライフバランスなんていらない、「激務上等」の心意気のある方には、芸能マネージャーは天職と言えるでしょう。

「芸能マネージャーを辞めたい」と思ったときに真っ先にやること

もし芸能マネージャーになる夢を叶えて、激務な現実に打ちのめされた時、あなたはどうしますか?

すでに芸能マネージャーとして激務な毎日に疲れ果てているとしたら、あなたが真っ先にやるべきことは何でしょうか?

ずばり、より良い企業・環境で働くために、今すぐ転職活動を始めるべきです。

とはいえ、やみくもに動いても上手くいかないのは、新卒の就職活動と同じです。

ここでは、転職活動を成功させる3つのコツをご紹介します。

転職エージェントサービスを利用する

転職活動では、エージェントサービスの利用をおすすめします。

新卒の就職活動でもエントリーシートや履歴書を作成したと思いますが、転職活動ではそれに加えて、職務経歴書など自らのキャリアをアピールする資料を作る必要があります。

早く転職しなきゃと切羽詰まっている中、一人で焦って悩んでいても、おそらく壁にぶつかってしまうでしょう。

転職エージェントサービスを利用すれば、専任担当者がついて、キャリア面談から企業の紹介、書類作成・面接対策まで無料であなたをサポートしてくれます。

次に進みたい業界が決まっていないなら、業界問わず幅広く求人を扱う総合型の転職エージェントサービスを選ぶと心強いです。

企業の口コミサイトを確認する

気になる企業を見つけた時は、企業の口コミサイトを必ず確認しましょう。

口コミサイトでは、その企業に勤めた方の匿名の口コミが見られるので、求人情報や自社サイトには書かれていない志望企業の内情を把握できます。

面接でも聞きにくい報酬・出世の実態、有休消化率やパワハラの有無といったマネジメントや社風の実態がかなり具体的に書かれていることが多いです。

 

入社後のキャリアを想像したり、独自の社内慣習に戸惑わなくて済む大きなメリットがありますので、転職活動時には必ず目を通すようにしましょう。

企業の口コミサイトには、現役の社員が投稿しているケースもありますが、多くは何らかの事情で退職された方が投稿しているので、「前職憎し(にくし)」の気持ちで誇張して書いている可能性もあります。

閲覧するサイトを選んだうえで、口コミの全てを鵜呑みにせず、様々な視点で企業分析する目を養うことが大切です。

転職希望先のカジュアル面談をしに行く

新卒の就職活動でもカジュアル面談に臨んだ経験のある方はいるのではないでしょうか。

転職活動でもカジュアル面談を行って、志望企業の社員と直接話す機会を持ちましょう。

選考面接の場では聞きにくいことも含めて質問するチャンスです。「これは聞いてはいけない」という項目は特にないので、失礼にならない範囲で遠慮せずに聞いてみるべきです。

面談を有意義な時間にするためには、「企業の説明を聞きに来た」という受け身の姿勢は捨てて、自分から企業を理解しようとする積極的な姿勢を見せましょう。

具体的には、事前に企業への質問リストを作ることをおすすめします。

質問事項は、調べればすぐに分かる表面的な内容ではなく、その企業で働く社員や働き方に関すること、組織・風土・カルチャーに関することなど、社員と直接話すことでしか得られないような内容にすると良いと思います。

【Q&A】芸能マネージャーのよくある質問

芸能マネージャーの仕事についてよくある質問をまとめてみました。

芸能マネージャーの忙しい時期や離職率、仕事の楽しさなど、気になっている方が多いと思われる質問をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

芸能マネージャーの忙しい時期はいつ?

芸能マネージャーの忙しい時期は2〜3月と言われています。

芸能界はテレビ番組改編期に合わせて動いています。

番組改編期である、4月、7月、10月、1月のうち、最も番組が動くのは年度始めの4月になります。企業の会計年度と重なり、新規広告やスポンサーの参入が増えるからです。

番組改編期の1か月前〜1か月半前が一番業界が活性化する時期ですので、2〜3月頃が芸能マネージャーはじめ業界人の繁忙期となっています。

ただし、芸能マネージャーはレギュラーの仕事をとりながら単発の仕事を受注する必要もありますし、担当するタレントが複数になることもありますので、年がら年中忙しいといっても過言ではないでしょう。

芸能マネージャーの楽しいところはどこ?

とある芸能マネージャーは、良い意味で個性的で面白いタレントや関係者と一緒に働けることが仕事の醍醐味だと語ります。

タレントは勿論、それを支えるテレビ局員や制作会社のスタッフ、ヘアメイクやスタイリスト、広告代理店の社員など、芸能界に関わる方々はみんな個性的で面白いのです。

なかにはプロ意識が高く、気難しい芸能関係者もいるでしょう。

一人ひとりに合わせた気配りが求められますが、そういった方と根気強く信頼関係を築くことも、芸能マネージャーの仕事のやりがいかもしれません。

芸能界は、どんな場面でどんな方のお世話になるか分からない業界であり、日頃の丁寧な人付き合いで人脈作りに励むことはとても大切なのです。

苦労を楽しさに換言できる方にとっては、芸能マネージャーの仕事は楽しいことばかりと言えるでしょう。

芸能マネージャーの休みはどうなっている?

担当するタレントの人気や所属事務所の分業体制によって変わるため、一概に言うことはできませんが、一般企業で働く場合と比べて、土日を休みとして確保するのは難しいと思われます。

まだ経験が浅いタレントの場合、テレビやラジオに出演する機会はほとんどないため、主な仕事は地方巡業やイベント参加になります。

こうしたイベントはお客さんが集まりやすい週末に行われるのが一般的です。

芸能マネージャーはタレントの仕事に常に同行しますから、週末にイベント参加の仕事が入れば、土日も仕事になります。

人気のあるタレントの芸能マネージャーはもっと過酷です。一年を通してほぼ休みのない状態が続くとも言われています。

大手芸能事務所では、芸能マネージャーの基本業務である「営業」「タレント送迎」「現場同行」の3つを、複数のスタッフで分業しているケースもあります。

分業体制の事務所に所属すれば、週末に休みを確保することもできるでしょう。

芸能マネージャーの離職率はどれくらい?

芸能事務所によって大きく変わりますが、一般的には芸能マネージャーの離職率は高いと言われています。

信頼できる統計結果はありませんが、1年以内に退職するのが80%という驚くべき口コミも見つかりました。

芸能マネージャーの求人は常時多く、一般の転職サイトでも、大手芸能事務所の求人情報は簡単にヒットします。ですので、その離職率の高さは容易に想像がつくと思います。

辞める理由の多くは、体力的にきついか、仕事の現実のギャップを感じたかです。

例え長く続けられたとしても、担当するタレントの育成ビジョンを持っていないと、結局限界を感じて辞めることになってしまうようです。

志望理由が芸能界へのミーハー心だけであれば、芸能マネージャーになることはおすすめできません

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活サイト学生利用率5年連続No.1(2022年11月時点)
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

芸能マネージャーは辛い?|まとめ

今回は、芸能マネージャーの仕事が辛いと言われる理由を解説しました。

芸能マネージャーの仕事は、休日返上で担当タレントに尽くしながら多方面の人間関係に気配りする必要があり、仕事の大変さによる離職率の高さから「芸能マネージャーの仕事は辛い」と言われることもあります。

しかし、売れていないタレントを担当して、自分のアドバイスや献身的なサポートでタレントが成長し、徐々に仕事が増えていく姿を見られることが何よりもやりがいになるはずです。

華やかな芸能界へのミーハー心だけでは務まらないかもしれませんが、多種多彩な芸能関係者と仕事を作り上げていくことに喜びを見出せるなら、芸能マネージャーの仕事をおすすめできると思います。

憧れの芸能マネージャーになっても、激務の現実に直面して挫折することもあるかもしれません。仕事を辞めたいと思ったときに真っ先にやるべきは、ここで紹介した3つのコツを押さえた転職活動です。

より良い環境を求めて別の芸能事務所に移籍する場合も、思い切って芸能マネージャーから離れて別業界に転職する場合も、転職エージェントや口コミサイトを有効活用し、理想の転職先で活躍できるよう頑張ってください!

タイトルとURLをコピーしました