\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる
PR

芸能マネージャーに向いてる人・適性【18選】適性診断で就職・転職を成功させよう

芸能マネージャー向いている人 エンタメ転職/就職

「芸能マネージャーに向いている人ってどんな人?」
「芸能マネージャーに適性はある?」
「適性診断をやってみたい!」

自分の知っているタレントや俳優、ミュージシャンなどと仕事ができるということはとても魅力的なことです。

「芸能界」という一度はかけ離れている存在でも、芸能マネージャーを通して、自分もその一員になれるというのは魅力的でしょう。

しかし、マネージメントという言葉が示すように、芸能マネージャーとは幅広い事象に対応する能力が必要です。

誰もが憧れる世界でも、その世界で活躍するためには、まずは自分がその業界に合っているのかを知ることが必要です。

では「芸能マネージャー」という仕事に、自分は適性があるのでしょうか

そして、どのような人が向いているのでしょうか。

本記事で例を挙げて紹介していきます。

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
マスメディアン doda(デューダ) マイナビエージェント
マスメディアンのロゴ dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
✓ 顧客満足度No.1*
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数

*2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介


\2023年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

読者のみなさまに安心してご利用いただけるよう、本記事で紹介する人材会社は、警視庁の管理をする東京都公安委員会の認定や厚生労働省の管轄の労働者派遣事業許可有料職業紹介事業許可などを受けた信頼の事業運営を行っています。

  1. 芸能マネージャーに向いてる人・適性【18選】
    1. 向いてる人・適性①とにかく芸能・エンタメが大好き
    2. 向いてる人・適性②コミュニケーション能力が高い
    3. 向いてる人・適性③プロデュース力がある
    4. 向いてる人・適性④マーケティング・PRの知見がある
    5. 向いてる人・適性⑤好奇心旺盛
    6. 向いてる人・適性⑥細かい作業が得意
    7. 向いてる人・適性⑦スケジュール管理能力がある
    8. 向いてる人・適性⑧クリエイティブに富んだアイディアマン
    9. 向いてる人・適性⑨マネジメントスキルがある
    10. 向いてる人・適性⑩論理的思考力がある
    11. 向いてる人・適性⑪リスクマネジメント力がある
    12. 向いてる人・適性⑫交渉力がある
    13. 向いてる人・適性⑬マルチタスクができる
    14. 向いてる人・適性⑭プレゼンテーション能力が高い
    15. 向いてる人・適性⑮コンプライアンスの知見がある
    16. 向いてる人・適性⑯信頼関係の構築が得意
    17. 向いてる人・適性⑰マネタイズの思考ができる
    18. 向いてる人・適性⑱英語力がある
  2. 芸能マネージャーの適性診断なら就職/転職サイトが便利
  3. 【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】
    1. ①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定
    2. ②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー
    3. ③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信
  4. 【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】
    1. ①マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ
    2. ②doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利
    3. ③マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド
  5. 芸能マネージャーに向いてる人・適性|まとめ

芸能マネージャーに向いてる人・適性【18選】

芸能マネージャーは、固有のスキルや資格があるからといって、必ず対応できるというような仕事ではなく、様々な事象をマルチにカバーできることが大切です。

「芸能マネージャー」は「人間」をマネージメントする仕事だということを認識しなければなりません。

ここからは、芸能マネージャーに向いている人の特徴、そして適正を項目ごとに確認していきましょう。

向いてる人・適性①とにかく芸能・エンタメが大好き

芸能マネージャーとして仕事をする上で、芸能・エンタメが好きであるということは、必要最低限のことであるでしょう。

仮に芸能・エンタメに興味がなく、業界の風潮を知らないと、世の中のトレンドの把握が遅れたり、どのようなタレントが活躍しているかを理解できません。

そして、このようなタレントならこういうマネージメントがいいのではないか、という思考にもなり辛いでしょう。

つまり、自社のタレントをどのようにマネージメントするかの軸を持たないことになります。

芸能マネージャーに向いている人というのは、まず第一に芸能界やエンタメに興味がある人であると言って間違いないでしょう。

向いてる人・適性②コミュニケーション能力が高い

芸能マネージャーは一般的な職種と違い、とても多くの人と仕事上で接点を持ちます。

理由は、依頼する多数の業界の人たちが仕事相手になるからです。

クライアントとなる企業も業界も、案件によって様々であり、案件の現場では営業職からクリエイターまで、多岐にわたる職種の人たちと接点があります。

そのため、コミュニケーション能力はとても大切になるでしょう。

コミュニケーションを円滑に行うことで、各所の思いや都合、情報などを聞き出すことができます。

そのような詳細を把握しているマネージャーとそうでないマネージャーとでは、業界での立ち位置は大きく変わるでしょう。

いろいろな立場の人と円滑なコミュニケーションをすることで、タレントの次の仕事に活かせたり、事務所のイメージアップなどにも繋がります。

向いてる人・適性③プロデュース力がある

芸能マネージャーとは、タレントをマネージメント、プロデュースする仕事です。

芸能事務所にとって、タレントはある種「商品」であるとも言えます。

そのため、「商品」にはどのような魅力や強みがあり、何を得意とするのか。

逆に苦手なことは何か。

本人が気付いていない魅力は何か。

そのような視点で物事を捉え、タレントにとって適切な道を探し、導いていく力が必要になります。

そしてその「見る目」こそ、一般的な芸能マネージャーと、凄腕芸能マネージャーの違いではないでしょうか。

今までは活躍できなかったタレントも、素晴らしいマネージャーとの出会いで、たくさんの仕事を獲得することができるようになった、ということはよくある話です。

逆に、どれだけ素晴らしい能力を持ったタレントでも、そのタレントの魅力を見つけられないマネージャーが付いてしまったがために、活躍できずに業界を離れた人も多いでしょう。

人を見る目があり、そしてその人に適した道を見つけられる、そのようなプロデュース能力がある人は、芸能マネージャーに向いているでしょう。

向いてる人・適性④マーケティング・PRの知見がある

芸能マネージャーとして活躍するためには、タレント側からの目線だけではなく、クライアントや業界全体からの視点も持ち合わせていないといけません。

芸能マネージャーをやっていると、つい自社のタレントに肩入れしてしまい、タレント側からだけの目線になってしまいます。

つまり、客観的視点が失われてしまうのです。

そうなると、業界が求めている人材にコミットメントできなくなる場合があります。

タレントとは、クライアントや業界から求められて初めて仕事として成立します。

その点、業界から見た場合のタレントの存在意義や立ち位置を客観的に捉えられる人は、自社のタレントをマーケティング目線で捉えられていると言えるでしょう。

そして、どのように売り出していけばタレントが活躍できるかを考え、適切にPRしていくことで、成功に繋がっていきます。

そのため、マーケティングやPRの知見がある人は、活躍できるチャンスが多いでしょう。

向いてる人・適性⑤好奇心旺盛

芸能マネージャーにとって、様々なことに興味を持ち、広い視点を持つことは大切です。

好奇心旺盛でいることによって、他の芸能マネージャーや他社では知らなかったことを把握していることになります。

そして、そのような視点が仕事に繋がったりもします。

芸能界とはトレンドの入れ替わりが激しい業界です。

そのため、人の入れ替わりも多いです。

そしてそれは、タレントにも言えることです。

広い視点を持つことで、様々なトレンドや風潮に対応し、いろいろな意見を持つことができます。

それは自分の「芸能マネージャー」という仕事にも、そしてタレントにとっても、とてもポジティブなことになるでしょう。

いろいろな業界、人、世の中の事に好奇心旺盛でいることは、激動の芸能界を生きるマネージャーにとって「現代を生き抜く術」となるのです。

向いてる人・適性⑥細かい作業が得意

芸能界で仕事をするということは、とても華やかな印象を持つでしょう。

しかし、芸能マネージャーとは、華やかな世界にいる反面、緻密な仕事が多いとも言えます。

働く事務所によっては、一人のタレントではなく、大勢のタレントを担当することも当然あります。

そのように、多くの人に付帯した様々な案件に対応しなければいけません。

スケジュール、物、人、金などなど、いろいろなことをコントロールする必要があります。

そして、その緻密な調整を必要とされる場面でミスを多発してしまうと、現場やクライアントに大きな迷惑をかけることになったり、タレントや自社からの信頼を失ってしまいます。

マルチタスクな仕事なため、細かい作業も着実にこなせる人が、芸能マネージャーに向いていると言って間違いないでしょう。

向いてる人・適性⑦スケジュール管理能力がある

タレントには多数のスケジュールが存在します。

売れっ子と言われるタレントは、一日に何個も現場をはしごするのは当然のことで、1か月で休みが1日もない、というタレントもいる程です。

スケジュールの調整をしっかりと行うことで、タレントにとっても現場のスタッフにとってもストレスを減らすことができます。

逆にスケジュールをしっかりと管理できないと、案件がブッキングしたり、現場に遅れたりと、各所に多大な迷惑がかかります。

そしてそれは、タレントにも負担をかけるということでもあります。

案件の中でも、メイク、撮影、休憩、移動など、多岐にわたる項目が存在します。

そのような案件のスケジュール、いわゆる香盤表は、基本的には現場のスタッフが構成しますが、実際は無謀なスケジュールを想定している現場も存在します。

どのようなスケジュールが組まれていて、それは適正な時間配分であるかも、チェックしなければいけません。

そのため、物事をシミュレーションしたりして、適切なスケジューリングを行うことができる人は、芸能マネージャーに向いているでしょう。

向いてる人・適性⑧クリエイティブに富んだアイディアマン

芸能界は新しいことに敏感な業界です。

世の中のトレンドを踏まえ、世に発信していく、もしくは業界そのものが世の中のトレンドとなっていくものです。

新たなアイディアによって、世界を動かすことができるのも、業界人ならではの特権です。

その点、クリエイティビティ溢れる人は、業界にとってとても貴重な存在になります。

自分が率先して表に出る仕事ではなくても、ムーブメントの一員になることができるのです。

クリエイティブに富んだアイディアが浮かぶ人は、芸能マネージャーという仕事で輝きを放てるでしょう。

向いてる人・適性⑨マネジメントスキルがある

芸能マネージャーは、物事の進行をしっかりと管理、運営する能力が必要になります。

マルチタスクと言えど、細分化していくと物事を緻密にマネジメントしなければならない項目が多数あります。

芸能マネージャーとして活躍する上で、何よりもベースとなるのは、このマネジメントスキルと言っても過言ではないでしょう。

スケジュール、物、人、金などを適切にマネジメントすることで、芸能マネージャーの仕事は成り立つのです。

そのような、一見地味にも思える緻密なマネジメントが、芸能マネージャーの土台となります。

地道でありながらも緻密なマネジメント能力を持っている人は、芸能マネージャーの仕事に向いているでしょう。

向いてる人・適性⑩論理的思考力がある

芸能マネージャーは、様々なことに好奇心旺盛で、広い視点を持つことが大切ですが、同時にその物事をロジカルに深く考え、理解し、行動に活かすことで、芸能マネージャーの「腕」は評価されます。

なぜ、世間ではそれが流行っているのか。

ではどんな人が評価されているのか。それはなぜか。

それでは自社のタレントはどのようにプロデュース・PRしていくか。

論理的思考力はどの業界においても大切ですが、この業界ではその論理的思考力がなければ、埋もれていってしまうタレントが発生してしまうのです。

適切な情報収集とそれに伴う論理的思考力によって、芸能マネージャーの真価は問われます。

それは、自分の芸能マネージャーとしての立ち位置をより強固なものにしてくれます。

芸能マネージャーになった時、論理的思考力のある人は、その力が自分や周りの人間を助けてくれるでしょう。

向いてる人・適性⑪リスクマネジメント力がある

芸能界はイメージ商売です。

昨今の芸能界では様々なスクープによって、消えて行ってしまう芸能人が多くなっています。

しかし、タレントの仕事が無くなるだけではまだ良いのかもしれません。

内容によっては、クライアントや現場、その他多数の方面に多大な迷惑がかかり、中には多額の賠償責任問題に発展しかねないケースもあります。

その事象を一つひとつ紐解いていくと、その前に制御できた可能性があるものもあります。

そして、タレントのヒューマニティーに対するリスクマネジメントだけが仕事ではありません。

芸能マネージャーには様々なことを管理する局面があります。

スケジュール、物、人、金。

案件の中の些細なことでも常に危機感を持って行動することが大切です。

芸能マネージャーとは、常にリスクを事前に発見したり、その場で起きてしまったことに対して、適切に対応する能力を持ち合わせていなければなりません。

あらかじめ最悪の事態を想定したり、そうならないように緻密に調整を行うことが、芸能マネージャーに必要なことです。

そのようなことのできる人は、芸能マネージャーに向いているでしょう。

向いてる人・適性⑫交渉力がある

芸能マネージャーの仕事は、スケジュール、人、物、金をマネジメントする業務のため、各所にしっかりと交渉をする能力が必要になります。

すべてはタレントや会社、そして自分を守るためです。

仮に、スケジュールにおいて、事前にリスクを確認していながら交渉を怠った結果、次の仕事のスケジュールをこなせなかったとします。

それによって現場やクライアント、後々のポストプロダクションにまで影響を及ぼします。

各所の今までの準備はすべて振り出しに戻ってしまいます。

いくら素晴らしいタレントであったとしても、現場やクライアントに悪評のついた事務所のタレントを、次も起用したいと思うでしょうか。

仮に労力のかかる場面であっても、しっかりと柔軟に交渉しなくてはいけません。

交渉力がある人は、芸能マネージャーに向いているでしょう。

向いてる人・適性⑬マルチタスクができる

芸能マネージャーは多くの業界、職種の人と仕事をします。

そして多くの人と仕事をするということは、多方面から多様な依頼が同時並行で存在するということです。

その時、すべての事象に適切に対応しなければいけません。

一つのことだけに集中してしまうと、他の依頼を見落としてしまったり、リスクに気付けなかったり、進行度合いを把握していなかったりと、案件に影響を及ぼしてしまいます。

芸能マネージャーをする上で、マルチタスクに対応するということは、とても重要です。

マルチタスクができる人は、芸能マネージャーにとても向いています。

向いてる人・適性⑭プレゼンテーション能力が高い

芸能マネージャーには、タレントをプロデュースし、PRする能力が必要です。

そのタレントの良いところや強みは何か。

一見分かりづらいがこのような魅力がある。

そんなことを、案件に関与する人たちにプレゼンすることはとても大切なのです。

オーディションのある案件ではタレント本人が自身をプレゼンしますが、現場などに行くと、人と人の繋がりが案件を発生させることがあるため、プレゼンをする場面も少なくありません。

タレントの良いところを見つけ、それを魅力的に伝える、そんなプレゼンテーション能力がある人は、芸能マネージャーに向いているでしょう。

向いてる人・適性⑮コンプライアンスの知見がある

芸能界はイメージがとても大切であることは間違いありません。

そのイメージを大きく左右するのがコンプライアンスの意識です。

タレントの発言などで炎上してしまうことも昨今では当たり前のように起きています。

そのような事が起こらないようにしっかりとマネジメントしていくことはとても重要です。

そして、タレントから一度離れた業務の中でも、コンプライアンスの知見は持っていなければいけません。

タレントや会社の裏話的なものを平気で口走ったりしては、自身の身を滅ぼすことになります。

芸能マネージャーとして、コンプライアンスの知見を持ち、自身を律することから、マネージメント業務は始まっているのです。

向いてる人・適性⑯信頼関係の構築が得意

芸能マネージャーとして、タレントや現場の人間、クライアントなどから信頼されることは、何よりも大切なことです。

イメージが大切な業界だからこそ

「この人は信頼できる」

と思ってもらうことが大切です。

そのためには、円滑なコミュニケーションを行ったり、緻密な作業をしっかりこなしたり、タレントを守るために交渉したりなど、様々な部分で堅実であることが、信頼を得ることに繋がります。

そのような信頼を、内側の人間から取引先などの外部の人たちまで構築することで、仕事が円滑に進みます。

信頼関係の構築がしっかりと行える人は、芸能界でも大切にされます。

向いてる人・適性⑰マネタイズの思考ができる

芸能マネージャーの仕事をする上で、タレントが功績を上げることはとても大切なことです。

ただ、一企業に勤めているという点においては、一般的な企業と変わりはありません。

タレントは、一人の人間であるという価値観は当然見失ってはいけませんが、同時に企業にとっては「商品」であるという点も意識しなければいけません。

タレントにとって、その案件がどれだけ魅力的でも、結果的に収益を見越せない場合、それはビジネスではなくなってしまいます。

とはいえ、その収益化が見越せない案件によってタレントが世間的に広い認知を受け、後に成功に繋がるケースもあります。

結果的に、タレントや企業にとって収益化を目指せることが大切で、そのマネタイズの思考は、その場の局面だけではないとも言えます。

タレントの状況や世間の状況などから相対的に判断し、マネタイズの思考を持ってマネジメントできることが大切です。

向いてる人・適性⑱英語力がある

昨今においてはグローバル化が進み、日本を拠点に活動するタレントでも、海外で活躍するというケースも増えてきました。

また、海外志向の強いタレントなども増えてきているため、グローバルに活躍できる人材は、芸能界でも重宝されるでしょう。

海外に進出するつもりのなかったタレントでも、偶発的に海外でバズるということもたまにあります。

そんな時に英語力があると、そのようなケースにも柔軟に対応できます。

尚、海外での活躍を想定しているタレントが多数在籍する事務所などで芸能マネージャーをしたいと考えている場合は、英語力は必要になってくると言えるでしょう。

まずはこれから

芸能マネージャーの適性診断なら就職/転職サイトが便利

これまで、芸能マネージャーに向いている人の特徴を挙げてきました。いかがでしたでしょうか。

各項目を踏まえた上でも、自分は芸能マネージャーという仕事に向いているのかわからないという方や、実際に適性を調べてみたいと思った方がいると思います。

芸能マネージャーという仕事に興味のある方は、まず自分にあった適職がわかる、適性診断を行ってみるのが良いでしょう。

dodaリクナビNEXTなどといった多くの転職サイトで適性診断が可能です。

また、ハタラクティブではスマホ面談で適職がわかる、「適職がわかる面談」という取り組みもあります。

こちらはすべて無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活生24万人が利用 ※OfferBox 2024年卒利用実績データより
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

②doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 顧客満足度No.1(2024年 オリコン顧客満足度®調査 転職エージェント 20代 第1位)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

③マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

芸能マネージャーに向いてる人・適性|まとめ

これまでに挙げた芸能マネージャーに向いている人の特徴をまとめます。

この適性に関して、すべてクリアしている人は芸能マネージャーに向いているでしょう。

しかし、適性にすべてが当てはまらなかった人でも、必要なスキルは磨いていくことが出来ます

大切なのは、芸能マネージャーにはどのようなスキルが必要であるかを知り、それに向かって必要なスキルを補っていくことです。

芸能マネージャーは心身ともにタフであることが求められますが、タレントの成長を肌で感じ、共に世の中へ飛び立っていくことができる魅力的な仕事です。

そのような感動を味わえるのは、この芸能マネージャーという仕事ならではの魅力であるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました