\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

【イベントプランナーに就職・転職】仕事内容は大変?有利になる資格を紹介!

【イベントプランナーに就職・転職】仕事内容は大変?有利になる資格を紹介!

「イベントプランナーとして働きたい!」
「イベントプランナーになるのに必要な力・資格・学歴が知りたい!」
「イベントプランナーは未経験でも就職・転職できる?」

コンサートスタッフで働くあなた、イベント企画に興味があるあなたにはうってつけの職種である「イベントプランナー」について紹介します。

転職サービス おすすめ度 特徴 公式HP
doda ★★★★★
(★5)
転職者満足度No.1 https://doda.jp/
リクナビNEXT ★★★★
(★4)
転職サイト最大手 https://next.rikunabi.com/
転職会議 ★★★★
(★4)
300万件以上の転職口コミ情報 https://jobtalk.jp/
就職サービス おすすめ度 特徴 公式HP
JobSpring ★★★★★
(★5)
予約殺到中!最短2週間内定 https://jobspring.jp/
MeetsCompany ★★★★
(★4)
イベント参加者内定率96% https://www.meetscompany.jp/
就活ノート ★★★
(★3)
1000社を超える企業の通過ES実例 https://www.shukatsu-note.com/

>>イベントプランナーへの就職・転職のまとめ<<

イベントプランナーは大変?仕事内容とやりがいを紹介


イベントプランナーが非常に大変であるという口コミ・評判をよく聞きます。

果たしてその口コミ・評判が本当なのか、仕事内容やりがいについて紹介していきます。

イベントプランナーとは?仕事内容を紹介

イベントプランナーとは、あらゆるイベントにおけるプランニング、つまり企画立案を行う仕事です。

イベントとは展示会やPRイベントなど、法人に対して行うBtoBのイベントもあれば、ライブ・コンサートイベントやスポーツイベントなどBtoCのイベントもあります。

さらに近年ではリアルイベントではなく、オンライン配信イベントやバーチャル空間でのイベントなど様々なイベントが開催されています。

そのためイベントプランナーと一口に言っても携わるイベントはその会社の担当範囲により様々です。

 

しかし、大きくイベントプランナーという職種の仕事内容は変わりません。

展示会やPRイベントなどのBtoBのイベントであっても、ライブ・コンサートイベントやスポーツイベントなどのBtoCのイベントであっても、オンライン配信イベント、バーチャル空間でのイベントでもそのイベントに集客させるための企画を立案していくという点で同様です。

各イベントは当然ビジネスとして行うため、企画立案をする目的がそれぞれイベントごとに存在します。

今回はそのイベントごとにイベントプランナーが考えていくべきポイントをまとめます。

展示会
  • 展示会の主催の場合
    :展示会へ出展する企業を集客できる企画立案
  • 展示会内でのイベントの場合
    :イベントへの集客、会社・商品・サービスの認知度向上のための企画立案
PRイベント
  • 会社・商品・サービスの認知度向上のための企画立案
  • 会社のブランディング向上企画の立案
ライブ・コンサート
  • ライブ・コンサートへの集客のための企画立案
スポーツイベント
  • スポーツイベントへの集客のための企画立案
  • 協賛企業の集客のための企画の立案のための企画立案
オンライン配信イベント
  • オンライン配信イベントへの集客のための企画立案
バーチャル空間イベント
  • バーチャル空間イベントへの集客のための企画立案

などが各イベントごとのビジネスとしての目的です。

イベントへの集客という軸は共通ではありますが、それぞれ集客対象や集客目的が異なってきます。

「どんなイベントがユーザーに刺さるのか」という視点の鋭さがイベントプランナーとして大成するひとつの基盤となります。

 

この「どんなイベントがユーザーに刺さるのか」という視点はマーケティング用語で『ユーザーインサイト』と呼ばれています。

直訳するとユーザー洞察、つまりユーザーの思いや考えなどの心理のことで、イベントプランナーにとって非常に重要な視点です。

当然イベントプランナーだけでなく、どんな業種・職種でもマーケティングを考えるうえで非常に重要です。

マーケティングの名著『顧客起点マーケティング』においてもユーザーインサイト(同書では、顧客インサイト)について詳しく記載されています。

>>Amazonで『顧客起点マーケティング』を見てみる

このようにユーザーインサイトを考えながら、集客できるイベントを企画します。

 

イベントプランナーについてわかったところで、イベントプランナーの実際の業務の流れについて紹介します。

イベントプランナーの業務の流れ

イベントプランナーの仕事は営業やWebマーケティングによるリード獲得をした後にスタートします。

顧客がどのようなイベントをやりたいのかを営業やイベント主催者からヒアリングして、その要望に合わせたイベントの企画をします。

イベントのターゲット、そしてユーザーインサイトを考えて、イベントのコンセプトを定めていきます。

ビジネスとして収益を得る必要があるため、決められた予算に応じて、イベント会場の選定や演出を検討もする必要があります。

大きな会場で派手な演出をすれば、お客さんは喜ぶかもしれませんが、得られるであろう予想の収益や予算を超えてしまっては赤字になってしまいます。

どこにいくらのお金をかけるか、という点もイベントプランナーの重要な仕事のひとつです。

 

イベント会社によって、イベントプランナーの業務範囲も異なります。

イベント営業を兼ねることもあれば、イベント当日のイベントディレクター(イベントの指揮)までを兼ねることもあります。

イベント当日の業務も行うことになれば、休みは不定期や平日になることも多いですが、近年の働き方改革により各社振替休日を積極的に取得するようになっています。

面接時に休日のことを聞くのはあまり良い印象ではないため、OB・OG訪問サービスのビズリーチ・キャンパスなどを用いて先輩方に直接聞いてみましょう。

 

各社の求人情報にイベントプランナーの業務範囲や休日日数なども記載されているためをしっかり読みこんで応募しましょう。

>>イベントプランナーの転職求人を見てみる
>>イベントプランナーの新卒求人を見てみる

イベントプランナーのやりがい

イベントプランナーのやりがいは、自分が企画したイベントが成功することです。

一から考えて企画したイベントにお客さんが入り、盛り上がっている様子を見るとこれからも頑張っていこうと思えます。

さらにイベントのキャスティング次第では有名人に会うこともできるかもしれません。

当然予算やユーザーインサイト、集客の見込みを考慮した上でのキャスティングとなるため、自分が好きな芸能人やタレントなどを必ずキャスティングできるとは限りません。

当然趣味のみで行うキャスティングは会社の上司やクライアントの許可は得られないでしょう。

とはいえ、自らキャスティングした有名人が出演することにより、お客さんが盛り上がる様子を見ると非常にやりがいを感じます。

イベントプランナーになるには?大学や資格は?


イベントプランナーになるために必要な学歴や資格、スキルなどは特別ありません。

ただ、転職・就職に役に立つ・有利になる学歴や資格、スキルはあるため、今からでも間に合うものがあればぜひチャレンジしてみてください。

学歴(大学・専門学校)はそこまで関係ない

イベントプランナーの仕事内容は企画立案であるため、経営学部や経済学部、商学部などを卒業していると多少有利になるかもしれませんが、イベントプランナーとして働くうえで学歴は最重要視される項目ではないです。

ただ、就職・転職するには学歴がないに越したことはありません。

もちろん他の学部や理系の学部であっても、イベントプランナーとして働きたいという強い熱量があれば、就職・転職を成功させることはできますので安心してください。

専門学校という選択肢もひとつありますが、大学に進学できる環境であれば、大学を選ぶことをおすすめします。

特にイベントのプランニングを仕事にしたい場合、イベントへの専門知識というよりも総合的なビジネス知識が必要となります。

イベントへの専門知識は業務を行う中で学習することはできますが、4年生の大学を卒業することは当然できません。

そのため、選択肢として大学を選べるのであれば大学への進学をおすすめします。

専門学校では実際に技術的な専門知識を学ぶことができるので、イベント制作の現場スタッフとして活躍することができるでしょう。

必須の資格はないが知識として身に着けておくとGood

イベントプランナーになるために必須の資格はありません。

ただ取得しておくことでライバルに優位に立てる可能性はあります。

これからイベントプランナーとしてキャリアを築いていくのであれば、勉強しておいて損はないでしょう。

イベント検定 イベント企画から運営までに必要な幅広い知識やノウハウを測る検定
イベント業務管理士2級
イベント業務管理士1級
イベント制作における全般的な知識や技能に加えて、マーケティングやプロジェクトマネジメント・リスクマネジメントなどを含めたイベント業務における総合的な資格
スポーツイベント検定 スポーツイベント企画から運営までに必要な幅広い知識やノウハウを測る検定
スポーツイベントを通じた自己実現や社会貢献ができる人材育成を目的にした検定です。
スポーツを経済や地域の活性化に結びつける動きが活発になり、そこに携わる方も増えています。
今こそ、この検定でマネジメントとスポーツイベントの効果を体系的に学ぶ時がきています。
ユニバーサルイベント検定 年齢、障がいの有無、国籍、性別などに関係なく誰もが楽しめるイベントを企画・運営するために必要な幅広い知識やノウハウを測る検定

>>Amazonでイベント検定のテキスト内容を見てみる
>>Amazonでイベント業務管理士のテキスト内容を見てみる
>>Amazonでスポーツイベント検定のテキスト内容を見てみる
>>Amazonでユニバーサルイベント検定のテキスト内容を見てみる

これらの資格は民間資格であり、イベント系の資格においては国家資格はありません。

そのため民間による独自に認められる資格ではありますが、知識として身に着けておくと良いでしょう。

イベントプランナーに必要な力・スキルを紹介

イベントプランナーに就職・転職する上であると良い必要な力・スキルがあります。

ロジカルシンキング力 自分の企画を社内やクライアントに伝えるために必要な力・スキル
コミュニケーションスキル クライアントやパートナー、下請けなど多くの方とコミュニケーションする際に必要な力・スキル
洞察力 イベントの企画立案における本質を見抜く際に必要な力・スキル
共感力 刺さる企画を立案するためユーザーの気持ちに寄り添う際に必要な力・スキル
マーケティング力 ユーザーインサイトを理解してイベント集客を成功させる際に必要な力・スキル
英語力 外国人向けや海外でのイベントの際に必要な力・スキル

など多くの必要な力・スキルが求められますが、当然完璧な人間はいません。

就職・転職してから徐々に身に着けていけば問題ありません。

イベントプランナーに向いている人・向いていない人


イベントプランナーの仕事には向いている人・向いていない人がいます。

向き不向きを理解した上で、頑張っていけるのかどうかを見極めていきましょう。

イベントプランナーに向いている人

イベントプランナーに向いているのは、自分以外の人のことを考えられる人です。

企画するイベントは当然自分のためのイベントではありません。

自分以外の人がどう感じるか、どう楽しんでもらえるかを考える必要があります。

いかにお客さん・クライアントの気持ちになって、思考を巡らせることができるかがポイントです。

 

そのため自分以外の人のことを考えられる人がイベントプランナーに向いていると言えます。

イベントプランナーに向いていない人

逆にイベントプランナーに向いていないのは、自分以外の人のことを考えられない自己中心的な人です。

自分以外の人のためのイベントに「自分がやりたい」「自分が楽しい」という意見はいりません。

お客さん・クライアント喜ぶイベント、収益が上げられるイベントである必要があります。

そんなイベントにするには、どのような企画がよいかを考えるのがイベントプランナーの仕事です。

 

そのため自分以外の人のことを考えられない自己中心的な人はイベントプランナーに向いていないと言えます。

イベントプランナーの年収・収入・給料事情を暴露


イベントプランナーの年収・収入・給料は会社の種類により異なります。

イベントプランナーは主に「広告代理店」と「イベント制作会社」に在籍することになります。

広告代理店の場合、超大手の電通や博報堂、ADKなどの年収も含められてしまっているため、平均年収623万2200円ほどであるとされています。(厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」より、広告業の平均年収)

一方でイベント制作会社の場合、300~400万円ほどであるとされています。

 

この金額の差は、クライアントからの仕事の受け方によります。

広告代理店は直接クライアントから仕事を依頼されることが多いです。

さらに大手の代理店であればあるほど、大きなイベントを依頼されます。

そのため必然的に利益も多くなるというからくりです。

イベント制作会社も直でクライアントから仕事を受けることもありますが、広告代理店の下請けとして広告代理店から仕事をもらうことも多くあります。

 

イベントプランナーとして年収を上げたいのであれば、最終的なキャリアとしては大手広告代理店での勤務を目標にするとよいでしょう。

>>イベントプランナーの転職求人を見てみる
>>イベントプランナーの新卒求人を見てみる

【未経験可】イベントプランナーの就職・転職


イベントプランナーとして就職・転職する場合、社会人の方は転職サイト転職エージェント、大学生の方は就職サイト就職エージェントを用いることを強くおすすめします。

というのも、イベント業界ではブラック企業も多く存在します。

各サイトや各エージェントに掲載されていれば、安心というわけではないですが、ある程度ふるいにかけられています。

さらに複数のサイトやエージェントを用いることでリスクを減らすことができます。

複数のサイトやエージェントに重複して掲載されている企業や長期間(1年以上)掲載され続けている企業は常に人手不足であると考えられます。

あるいは退職者が多い企業の可能性もあります。

ひとつの指標になるため、なるべく複数のサイトやエージェントを活用しましょう。

未経験でもイベントプランナーになれる!

結論から先にいうと、未経験でもイベントプランナーになれます。

イベントプランナーは人の気持ちを考えることができる人が向いている、と先ほど説明しました。

人の気持ちを考えるというのは、どの職種にも必要なことです。

これまでの職歴で、クライアントや職場の人たちとの関係性の中で人の気持ちを考えて行動し、それが功を奏した経験などがあれば、それはPRポイントになります。

特に企画・販促や営業などを経験してきた方々はその経歴を十分に生かすことができます。

仮にまったくの未経験であっても、イベントスタッフのアルバイトの経験や趣味であってもイベントへの参加経験などがあれば、それはPRポイントとなります。

最終的には応募した会社との相性(マッチング)であるため、未経験であってもあなたのような人材を欲している場合は内定を決めることができます。

イベントプランナー応募の際の志望動機・職務経歴書の例文

イベントプランナーの志望動機・職務経歴書では、自分の体験から生じた思いを伝える必要があります。

自らのイベントへの参加の経験から、志望動機を作文していきましょう。

私はこれまで年間○○回のライブイベントに参加してきました。
最初のころは「自分が楽しい」という気持ちだけで参加していましたが、徐々に参加するみんなが楽しそうに、時には感動で泣いている様子を見て、自分事のようにうれしく思うようになりました。
そこでイベントの企画ができるイベントプランナーに関心を持ち、志望しました。

>>【中途採用】転職エージェントに添削してもらう
>>【新卒採用】就職エージェントに添削してもらう

イベントプランナーで働く!大手の会社を紹介

イベントプランナーとして働くなら、大手の会社で、規模の大きいイベントのプランニングをしたいと思うでしょう。

そこで本ページでは、イベント企画・制作会社の上場企業を紹介します。

イベント企画会社 特徴
株式会社乃村工藝社
  • 東証一部上場企業
  • 企画・設計・施工・運営までをグループで総合的に支援
  • 実績:東京ミチテラス/UNIQLO TOKYO/東京モーターショー etc.
株式会社博展
  • 東証JASDAQ上場企業
  • 「Experience Marketing」をコンセプトに、戦略立案・クリエイティブ・管理・制作実行
  • 実績:GINZA SIX/株式会社ポーラ/フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社 etc.
株式会社レイ
  • 東証JASDAQ上場企業
  • IT・デジタル・映像を強みとし、企業コミュニケーションからコンサート演出等のエンターテイメント分野で支援
  • 実績:マイクロソフト/Panasonic/CASIO etc.
ぴあ株式会社
  • 東証一部上場企業
  • 各種イベントのチケット販売を軸に、各種イベントのチケット販売
  • 実績:BAYCAMP/佐藤可士和展/ゆず etc.
株式会社テー・オー・ダブリュー
  • 東証一部上場企業
  • イベントに関する企画・制作・運営・演出・管理等
  • 実績:ニッサン パビリオン/荒野行動全国大会/ファーウェイ・ジャパン 新製品発表会 etc.

【中途採用・転職】厳選おすすめサイト・エージェント

\\ かんたん3分で登録完了(無料) //
転職サイトはdoda
転職ならdoda(デューダ)
https://doda.jp/
\総合転職エージェント/\完全無料/\転職者満足度No.1/\約10万件の求人/\非公開求人も多数/

>>dodaに無料会員登録する

>>【体験談】dodaのリアルな評判・口コミとレビューを紹介!デメリットも包み隠しません

▼▼転職を成功させたいひとはこちらも要チェック▼▼

転職ならリクナビNEXT|希望の転職先が見つかる転職サイト

リクナビNEXT公式サイト:
https://next.rikunabi.com/
・転職サイト最大手・完全無料・日本最大級の求人データベース・AIレコメンド機能で効率的・ダイレクトオファー多数
>>リクナビNEXTに無料会員登録
【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

転職会議公式サイト:
https://jobtalk.jp/
・従業員口コミサイト・完全無料・300万件以上の転職口コミ情報・会員数700万人以上・超有名企業からベンチャーまで
>>転職会議を見てみる

【新卒採用・就職】厳選おすすめサイト・エージェント

\\ かんたん3分で登録完了(無料) //

~就活を応援するオンラインエージェント~JobSpring(ジョブスプリング) | JobSpring
https://jobspring.jp/
\新卒紹介サービス(予約殺到中)/\完全無料/\AIで企業をマッチング/\就活のプロがサポート/\最短2週間内定/

>>JobSpringに無料会員登録

▼▼就職を成功させたいひとはこちらも要チェック▼▼

Meets company (ミーツカンパニー)【公式】 – オンラインでも就活イベント開催中

Meets company公式サイト:
https://www.meetscompany.jp/
・就職マッチングイベント・完全無料・年間1500回以上開催・上場企業からベンチャーまで・参加者内定率96%
>>Meets companyで無料イベント参加

就活ノート|就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート

就活ノート公式サイト:
https://www.shukatsu-note.com/
・会員制就活情報サイト・完全無料・1000社を超える企業の通過ES実例・リアル選考情報限定公開・面接通過ノウハウ公開
>>就活ノートに無料会員登録

イベントプランナーに就職・転職まとめ

イベントプランナーとして働きたい方向けに、イベントプランナーの就職・転職についてまとめました。

▼イベントプランナーになるのに必要な力・資格・学歴

必要な力
  • ロジカルシンキング力
  • コミュニケーションスキル
  • 洞察力
  • 共感力
  • マーケティング力
  • 英語力
資格
  • イベント検定
  • イベント業務管理士2級
  • イベント業務管理士1級
  • スポーツイベント検定
  • ユニバーサルイベント検定
学歴
  • 大学
    (経営学部・経済学部・商学部などに限らず理系学部でも可)
  • 専門学校
    (どちらかというと現場スタッフ向き)

▼未経験でも就職・転職を成功させるには…

転職サービス おすすめ度 特徴 公式HP
doda ★★★★★
(★5)
転職者満足度No.1 https://doda.jp/
リクナビNEXT ★★★★
(★4)
転職サイト最大手 https://next.rikunabi.com/
転職会議 ★★★★
(★4)
300万件以上の転職口コミ情報 https://jobtalk.jp/
就職サービス おすすめ度 特徴 公式HP
JobSpring ★★★★★
(★5)
予約殺到中!最短2週間内定 https://jobspring.jp/
MeetsCompany ★★★★
(★4)
イベント参加者内定率96% https://www.meetscompany.jp/
就活ノート ★★★
(★3)
1000社を超える企業の通過ES実例 https://www.shukatsu-note.com/

>>イベントプランナーへの就職・転職のまとめ<<

イベント会社の職種カテゴリの最新記事