\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

音楽業界はやめとけと言われる理由【3つ】とブラック企業の見極め方【4つ】

音楽業界やめとけ エンタメ転職/就職

華やかなイメージのある音楽業界。

音楽が好きな方なら一度は働いてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

かくいう私も就活生時代、音楽業界ってカッコいい!音楽が好きだし楽しそう!と思い音楽業界について調べました。

すると、

「音楽業界 やめとけ」
「音楽業界 やばい」
「音楽業界 しんどい」

こんな検索ワードが並んでおり、無知な私は驚いたことを覚えています。

今回は、そんな当時リサーチした情報や音楽業界で働く友人から聞いた話をもとに、音楽業界はやめとけ・ブラックといわれる理由について解説していきます。

また、音楽業界への就職や転職のポイントについても紹介しているので、興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

関連 レコード会社は就職難しい?難易度が高い理由・資格は有利?

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

\2023年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
doda(デューダ) マイナビエージェント マスメディアン
dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ マスメディアンのロゴ
✓ 転職満足度No.1
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介

音楽業界はやめとけ・ブラックと言われる3つの理由

音楽業界はやめとけ・ブラックと言われる理由は、主に以下の3つです。

  1. 上下関係が厳しい
  2. 生活が不規則になる
  3. 理想とのギャップがある

これから1つずつ詳しく説明していきます。

理由①上下関係が厳しい

1つ目の理由は、上下関係が厳しいからです。

音楽業界は体育会系の気質が非常に強い業界。

 

上司と部下、先輩と後輩の上下関係は非常にハッキリしており、上の言うことは絶対です。

上に気に入られなければ将来が厳しいのはもちろん、最悪の場合業界自体から干されてしまうことも。

指示に背くことはできないので、入ったばかりのころは基本的に雑用ばかりこなす羽目になります。

 

先輩・後輩の上下関係は芸能界に近いと言えば分かりやすいかもしれません。

日々の言動にはもちろん気が抜けませんし、あらゆる場面で忖度も必要になってきます。

横のつながりもとても大切になってくるため、接待のようなものも多いようです。

 

年齢と役職の関係もとても複雑で、専門学校を卒業後すぐに業界に入った人や昔から音楽活動をしていてそのままスタッフになった人、インターンやアルバイトからそのまま正社員になる人なども多くいます。

そのため、年下が先輩というケースもざらにあります。

 

さらに、一般的な仕事とは違いセンスや感性が求められることも多い仕事であるため、個性の強い人も多いそう。

 

友人からは、厳しい上下関係によるハラスメントも多いと聞きました。

業務をこなすどころか、人間関係をうまくやっていくだけで精神的に大変だというのが現状なのでしょう。

理由②生活が不規則になる

2つ目の理由は、生活が不規則になってしまうからです。

 

音楽業界がブラックと言われる主な要因はこれです。

基本的に定時という概念はなく、休みもほとんどないものと思ってください。

 

会社や職種にもよるとは思いますが、音響会社で働いている友人は終電で帰ることができれば良い方で、終電では帰宅できないことも少なくないと言っていました。

 

特に音楽制作やライブ制作など、アーティストと直接関わる機会の多い仕事になればなるほど、定時・週休2日などといった概念からは遠ざかっていくことでしょう。

 

業務量が多いことはもちろん、依頼には24時間対応しなければなりませんし、ライブやイベントなどは土・日に開催されることが多いので基本的に休みもありません。

もちろんゴールデンウィークやお盆・お正月なども休み返上です。

 

1週間全く休みが取れないこともありますが、その分代休が取れるというわけでもないので、体力に自信がある人でないと続けることは難しいでしょう。

 

しかし、職種によっては一般的なカレンダー通りの休みが取れる場合もあるようです。

いわゆる現場職ではない友人は、残業もそれほど多くなく、土・日・祝日もしっかりと休みが取れているそうです。

理由③理想とのギャップがある

3つ目の理由は、理想とのギャップがあるからです。

 

音楽業界に憧れる人の中には、音楽家やアーティストと一緒にお仕事ができるかも!なんてことを想像している方も多いのではないでしょうか。

実際私の周りでも、音楽業界を志望していた友人の多くがそうでした。

華やかでキラキラした業務をイメージしますよね。

 

しかし、職種にもよりますが、実際には裏方としての仕事が主な業務になってきます。

 

また、経験がものをいう世界であるため、最初のうちはアシスタントとして働いていくことが基本。

特に入ったばかりの新人は、本業とは関係のない雑務ばかりこなさなければならないそうです。

 

拘束時間に対する給与も低いため、相当な情熱がない限り、モチベーションを維持し続けることも難しいでしょう。

音楽業界に向いてる人の特徴

ここまで、音楽業界はやめとけ、と言われる所以について説明してきました。

想像していたものと違っていたなんて感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ブラックといわれる音楽業界

では、どんな人が音楽業界で活躍していくことができるのでしょう。

関連 音楽業界に向いてる人の特徴【3選】楽しさや裏方の仕事などを紹介

音楽に対する情熱がある

音楽が好き!というだけでやっていけるほど甘い世界ではありませんが、人生を捧げてもいいんだというくらいの強い情熱がある方であればきっとやり遂げられるでしょう。

 

どれだけホワイトで働きやすい環境であったとしても、仕事に対する情熱ややりがいを感じることができなければ、その仕事を続けていくことは案外難しいです。

 

逆にどれだけ厳しい環境であろうと、自分が本当に情熱を持って取り組める仕事なのであれば、楽しく働くことができるのではないでしょうか。

 

ただし、音楽業界には休みがないため自分が自由に使える時間はもちろん、家族や友人との時間もほとんど取れないこと、厳しい上下関係によるハラスメントも少なくないことを念頭に置いておいてください。

 

24時間365日働くことになっても、家族や友人との時間や自分の趣味の時間を十分に取ることができなくても、それでも音楽の仕事がしたいと思えるほど音楽に対する情熱がある方にとっては天職となるでしょう。

自分の仕事で喜ぶ人を増やしたいと思っている

音楽業界で働くことのやりがいは、自分の仕事でたくさんの人を笑顔にできること

これに尽きます。

 

例えばレコード会社の場合、CDの制作やアーティストのプロモーション企画などを行います。

そして担当したアーティストや作品が高い評価を受けたり、たくさんの人のもとへと届いていきます。

 

例えばマネジメント会社の場合、ライブ制作やイベントの企画、グッズ制作などを行います。

そして、ライブやイベントにたくさんのお客様が足を運んでくれたり、グッズを購入したりしてくれます。

 

例えば音響会社の場合、コンサートやフェスの舞台の設営や音響・照明機材のセッティングなどを行います。

そして、コンサートやフェスをお客様が全力で楽しんでくれて、笑顔になってくれます。

 

音楽業界では、どんな仕事であっても自分の仕事に対する評価や反応を直接感じることができます。

お客様の喜ぶ姿を、笑顔を、実際に自分の目で見て感じることができます。

 

自分の仕事で喜ぶ人を増やしたいと思っている方には持ってこいの仕事です。

 

実際に私の友人も、きついことももちろんあるけれど、お客様の喜ぶ姿を見ることができるのがいちばんのやりがいなんだと言っていました。

関連 音楽業界の仕事一覧を紹介

流行に敏感である

音楽業界は時代の変化に敏感で流行の移り変わりも非常に速く、常に時代の最先端を走っている業界です。

 

音楽業界で働くということはトレンドを生み出す仕事をするといっても過言ではありません

従来と何ら変わりのないものばかりを生み出していては激しい競争の中で淘汰されていきます。

 

そのため、常に様々な情報にアンテナを張り流行をキャッチするだけでなく、どんなものが次に流行るのかを考える必要があります。

また、それらを積極的に取り入れ、新しいコンテンツを生み出していくことが求められます。

 

特に近年ではCDやレコードに変わってサブスクが台頭してきている背景もあり、SNSやwebマーケティングが得意であることも強みになります。

 

最新の流行を追いかけ、次に流行るのはどんなものなのかを考えることが好きな人には向いているでしょう。

就職・転職する前にブラック企業か見極める方法

業界全体としてブラックであるとされている音楽業界ですが、会社や職種によって働きやすさは異なります。

どんな会社がブラックで、どんな会社がホワイトなのでしょうか。

就職・転職エージェントを利用する

大前提として、音楽業界は業界全体的にどこの会社も募集人数が少なく、そもそも求人自体が多くありません

 

就職や転職を希望する一個人では求人を探すことにも限界があります。

 

そこでおすすめしたいのが就職・転職エージェントの利用です。

 

私も就活生時代、実際に就職エージェントを利用していました。

エージェントはたくさんの情報を持っているので、自分では見つけられないような求人情報を教えてくれます。

それだけでなく、ESや履歴書の添削から面接対策、就活状況のヒアリング、方向性の見直しなどまで行ってくれるため、大変助かりました。

 

転職の際も同様です。

私が現在働いている会社の社員は半数以上が中途入社なのですが、そのほとんどがエージェントを利用したそうです。

実際に私も転職を考えていることを仲の良い人事に相談したところ、エージェントを利用することをおすすめされました。

 

やはり、書類の作成・面接対策までプロが一緒に行ってくれるので安心感があるのはもちろんのこと、こちらの希望に合った求人を紹介してくれるので企業とのミスマッチを減らしてくれます。

 

また、利用にあたっては複数のエージェントに登録すると良いでしょう。

エージェントによって得意・不得意がありますし、エージェントと自分との相性もあります。

大手のエージェントは多くの企業と取り引きがあるため扱っている求人の数も持っている情報もたくさんあります。

しかしその反面、転職希望者も同様に多く抱えているので、フォローはそこまで手厚くないことも多いです。

 

逆に小さいエージェントほど手厚く丁寧なフォローが受けられます。

結局は人間対人間になるので相性のいいエージェントを見つけることがカギになります。

 

エージェントを利用して転職をした友人に、いろいろな転職エージェントを使ってみてどうだったかを聞いてみたところ、精力的に働きたい場合はリクナビエージェント、働きやすい会社で働きたい場合はマイナビエージェントがおすすめだよと教えてくれました。

 

また、どんな条件でどんな募集があるのかなど、とりあえず情報収集がしたいという場合はダイレクトスカウトサイトなどに登録してみるのもおススメです。

私の会社の人事のおすすめはキャリトレだそうです。

 

音楽業界は専門的なスキルや経験が求められる職種もあるため、本格的に転職を考えている段階ではない場合も、求人情報には常にアンテナを張っておくと良いでしょう。

 

その企業がブラックかどうかを見極める1つのポイントとして、求人情報の投稿日を確認してみてください。

年中募集をしているということは、つまり入れ替わりが激しいということです。

\\ 【転職向け】完全無料!かんたん3分登録 //

URL:https://doda.jp/

※転職者満足度No.1
\\ 【就職向け】完全無料!かんたん60秒登録 //

URL:https://careerpark-agent.jp/

※最短3日内定の大人気サービス

口コミサイトを参考にする

就職・転職をする際には、必ず口コミサイトを参考にしてください

 

どんな人がいるのか、どんな働き方ができるのか、実際にはどのような業務をしているのかなどといった、働いてみなければ分からない部分に関する情報を得ることができます。

 

私も就職活動をしていた際、気になる企業の口コミは絶対に確認するようにしていました。

企業のことをどれだけ入念に調べたとしても、結局のところ入社してみなければ実態は何も分かりません。

 

口コミサイトでは、実際に働いている人のリアルな声を見ることができます

現役社員だけでなく、退職者の声まで見ることができるので、とても参考になります。

おすすめはOpenWorkです。

退職検討理由も見ることができるので、必ずチェックしておきたいポイントです。

\\ 【転職向け】転職者のリアルな口コミが丸ハダカ //

URL:https://jobtalk.jp/

※口コミ20万件以上!
\\ 【就職向け】「今」の選考の様子が無料でわかる //

URL:https://www.shukatsu-note.com/

※累計10万人の学生がカンニングしたサービス

福利厚生が充実しているか確認する

福利厚生が充実しているかどうかも、ブラックな会社かどうかを見極めるためのポイントです。

 

福利厚生には法定福利法定外福利があります。

法定福利は、法律で義務付けられている社会保障制度で、健康保険/介護保険/厚生年金保険/労働保険などがこれにあたります。

 

法定外福利は、法律では義務付けられていない福利厚生で、健康診断/住宅手当や家賃補助/慶弔・災害関連/休暇関連/フレックスタイム制やテレワークなどがこれにあたります。

 

法定福利は法律で義務付けられているため、これらが整備されているかは必ず確認してください。

法定外福利に関しても、前述のものは多くの会社で取り入れられている制度になるので併せて確認するとなお良いでしょう。

 

しかし、基本給に対して無駄な手当が多すぎるのも要注意です。

私が現在働いている会社では上記の手当こそありますが、それほど充実はしていません。

仲の良い人事に不満を漏らしたところ、その分を給与に還元しているとのことでした。

 

手当に関しては業績が悪化した場合簡単に削ることもできます。

基本給もしっかりとした額あり、加えて手当も充実している場合は問題ありませんが、基本給が少ないのに手当は無駄に充実しているというパターンになってしまっていないかは要チェックです。

離職率を確認する

ブラックな会社かどうかを見極めるために、離職率を確認することも大切です。

 

離職率が高ければ高いほど、文字通りたくさんの人がその会社を辞めているということです。

何かしらの理由があることは間違いありません。

 

加えて、産休・育休からの復帰率、社員の平均年齢も確認すると良いでしょう。

産休・育休からの復帰率を見ることで、産休・育休後に戻ってきたいと思える会社なのかそうでないのかが分かります。

 

社員の平均年齢が高ければ、それはつまり若手はどんどん辞めていっているということです。

こういった数値もしっかり確認しておくことで、入社後に後悔することになるリスクを軽減していきましょう。

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活サイト学生利用率5年連続No.1(2022年11月時点)
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

音楽業界はやめとけと言われる理由3選とブラック企業の見極め方4選|まとめ

今回は、音楽業界はやめとけと言われる理由とブラック企業の見極め方についてご紹介しました。

 

ブラックだからやめとけと言われがちな業界ではありますが、音楽に対する強い情熱がある方なら非常にやりがいを感じながら働くことができるでしょう。

 

ここでご紹介したブラック企業の見極め方を踏まえて、就職・転職活動に取り組んでみてください。

また、ブラック企業の見極め方に関しては、音楽業界だけでなく他の業界でも同じように使える方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

\\ 【転職向け】完全無料!かんたん3分登録 //

URL:https://doda.jp/

※転職者満足度No.1
\\ 【就職向け】完全無料!かんたん60秒登録 //

URL:https://careerpark-agent.jp/

※最短3日内定の大人気サービス
タイトルとURLをコピーしました