\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

イベントプランナーに向いてる人の特徴【5選】やりがいや将来性について解説

イベントプランナー向いてる人 エンタメ転職/就職

「イベントプランナーになりたいけど、自分が向いているかわからない」
「イベントプランナーのやりがいって何?」
「イベント市場の将来性が不安」

このような悩みを抱えていませんか?

コンサートやセミナー、展示会など私たちの日常では、さまざまなイベントが開催されています。

近年は、新型コロナウイルスの影響でオンラインで開催するイベントも増えています。

イベントプランナーはクライアントからイベントの企画・運営を請け負い、関係各所と協力してイベントを成功に導く仕事です。

イベントプランナーに対して、華やかで刺激的な仕事というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、イベントプランナーに向いている人の特徴や、やりがい・将来性について解説していきます。

イベントプランナーの仕事がしたいという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

関連記事:イベントプランナーの気になる年収・給料を暴露!イベント会社大手の年収はなんと…!?

\2022年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

\2022年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
doda(デューダ) マイナビエージェント マスメディアン
dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ マスメディアンのロゴ
✓ 転職満足度No.1
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介

  1. イベントプランナーに向いてる人の特徴【5選】
    1. 好奇心旺盛で独自のアイデアを生む発想力を持っている人
    2. コミュニケーションスキルの高い人
    3. 調査や分析ができるリサーチスキルを持っている人
    4. 責任感があり情熱をもって仕事に取り組める人
    5. マネジメント力のある人
  2. イベントプランナーの大変なこと
    1. 労働時間が長くなりがち
    2. 繁忙期には休日出勤や夜勤がある
    3. イベントプランナーの大変なこと(まとめ)
  3. イベントプランナーのやりがい
    1. 自分のアイデアを形にすることができる
    2. チームワークの魅力を知ることができる
    3. 多くの人に夢と感動を与えることができる
    4. イベントプランナーのやりがい(まとめ)
  4. イベントプランナーに将来性はある?
  5. 【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】
    1. ①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定
    2. ②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー
    3. ③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信
  6. 【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】
    1. ①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利
    2. ②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド
    3. ③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ
  7. イベントプランナーに向いてる人|まとめ

イベントプランナーに向いてる人の特徴【5選】

イベントプランナーに向いている人の特徴は5つあります。

それぞれ解説していきます。

好奇心旺盛で独自のアイデアを生む発想力を持っている人

イベントでは参加した顧客が感動や楽しさを通じて、満足感を感じてもらうことが重要です。

既存のイベントと似ている内容では、顧客に満足してもらいにくい上に、口コミによる拡散性も期待できません。

そのため、自分自身もイベント好きで「こういったイベントは楽しそう」「これを新たに取り入れたらどうだろう」といった顧客視点でイベントを考えられる人は、イベントプランナーに向いています。

顧客のニーズに合った魅力的なイベントを作る上で、独自のアイデアの提案は欠かせません。

自分でさまざまなイベントを体験したり、ジャンルを問わずニュースや新聞、書籍で知識を仕入れたりして、発想力を鍛える習慣がイベントプランナーには大切です。

またイベントプランナーの仕事には、同じことの繰り返しがありません。

イベントごとにクライアントや関わるスタッフは異なり、イベントの内容やコンセプトも多岐にわたるからです。

好奇心旺盛な人にもイベントプランナーは向いているといえるでしょう。

コミュニケーションスキルの高い人

イベントは一人で作ることはできず、チームを組むことがほとんどです。

そのためイベントプランナーはクライアントをはじめ、照明・美術スタッフなど多くの人と関わる仕事です。

イベントを成功に導くためには、多くのスタッフと円滑なコミュニケーションをとり、イベントの全体像や準備の進捗状況を把握しておく必要があります。

情報の共有がスムーズでなかったり、認識に相違があったりする場合、トラブルになりかねません。

したがってイベントプランナーは、自分の考えやアイデアを誰に対しても明確に伝えられるコミュニケーション能力が必要といえます。

また、イベントプランナーは自らイベント案件を獲得するケースもあります。の受注を担うこともあります。

案件受注の際は競合他社とコンペ競争になることも少なくなく、イベント企画のプレゼンテーションを実施するケースもあります。

プレゼンテーションでは、優れた提案を行い、自分の企画の優れている点やイベント参加者顧客に与える価値をクライアントに納得してもらわなければなりません。

自分の考えを相手にわかりやすく説明する力がイベントプランナーには求められるのです。

調査や分析ができるリサーチスキルを持っている人

イベントプランナーは斬新なアイデアや新しい企画を出せる発想力が重要です。

従来とは異なるコンセプトや手法による斬新さがイベントには求められるからです。

しかし、ただ斬新で目新しいイベントを企画すればよいわけではありません。

マーケティングリサーチによって顧客ニーズを把握し、体験した顧客が満足するイベントを開催する必要があります。

そのため、論理的思考に基づいた調査や分析するリサーチスキルがイベントプランナーの仕事には欠かせません。

イベントを企画する際は「私がよいと思ったから」「何となく思いついたから」「いま流行っているから」といった個人のセンス・肌感覚に頼るのではなく、顧客が求めているものを客観的に判断することが重要です。

イベントプランナーは常に市場の動向を調査・分析し、自分の頭で考える力が求められる仕事といえるでしょう。

責任感があり情熱をもって仕事に取り組める人

イベントプランナーは企画の立案者であるため、責任感をもって最後までやり抜くことが求められます。

華やかなイメージのあるイベントプランナーですが、地道に根気強く仕事をしなくてはなりません。

例えば、各関係者にイベントの説明をしたり、当日のトラブルを事前に想定して対策をしたりと、業務内容は多岐に渡ります。

クライアントの要望が変更になるなど、イベントの準備や運営が予定通りに進まないことも少なくありません。

どんな時もイベントを成功させたいという情熱をもち、途中で投げ出さない責任感のある人がイベントプランナーには向いています。

マネジメント力のある人

イベントの企画・運営を進める上で、多くのスタッフをまとめ、動かしていくマネジメント力がイベントプランナーには必要です。

イベントプランナーの仕事は、さまざまな分野のスタッフと関わります。

各分野のスケジュールや進捗を同時に進めていくため、常に全体状況を把握しなければなりません。

また、予期せぬトラブルやアクシデントに対応できるマネジメント力もイベントプランナーには求められます。

突発的な課題の発生は、イベント企画には付き物だからです。

イベントプランナーは、トラブルによって被る可能性のある損失やトラブルの原因を冷静に把握し、迅速にスタッフを動かす役割を担っています。

関係各所へ的確に情報を共有し、連携をとって問題を解決する力のある人はイベントプランナーに向いています。

イベントプランナーの大変なこと

次に、イベントプランナーの大変なことを解説していきます。

労働時間が長くなりがち

イベントプランナーは、イベントごとに異なる開催時期や時間に合わせた勤務が多く、労働時間が長くなる傾向にあります。

多くのイベントは土日祝日に開催されるため、平日と土日祝日を問わず勤務する仕事です。

急にクライアントの要望が変更になったり、思わぬトラブルが発生したりして、残業するケースもあります

しかし、イレギュラーが起こった場合でも、イベント当日までに準備を終わらせなければなりません。

そのためイベントプランナーは、各イベントのスケジュールに合わせた勤務が求められ、不規則な生活リズムになりがちです。

不規則な働き方になるイベントプランナーは、働きすぎて過労になる可能性もあります。

裁量をもって働けるからこそ、イベントプランナーは自己管理が大切な仕事といえるでしょう。

繁忙期には休日出勤や夜勤がある

イベントプランナーは、イベントの開催が近づく時期は特に忙しく、休日出勤や夜勤をすることもあります。

例えば、イベントの多いゴールデンウィークや夏休み、クリスマスは繁忙期です。

規模の大きいイベントになればなるほど、関係者や業務量が多く、業務時間内に仕事が終わらずに残業が続くことがあります。

繁忙期は希望した日に休みが取れないことがほとんどでしょう。

平日に勤務し、週末は休むという一般的なサラリーマンの働き方がしたい人にとっては、イベントプランナーの働き方は合わないかもしれません

またイベントプランナーは、日常的に流行や市場のトレンドにアンテナを張っています。

休日に旅行や買い物へ出かけた際でも、イベントのアイデアやネタを考えているケースも多いでしょう。

しかしイベントプランナーの仕事は、年中忙しいというわけではありません。

繁忙期以外の時期は平均的な業務時間であり、仕事の進め方によっては定時上がりや、有給休暇の取得も可能です。

イベントプランナーの大変なこと(まとめ)

特に会社向けではない個人向けのイベントの場合は、時間外労働や休祝日出勤が常態化しがちです。

エンタメ・イベント業界は慢性的な人材不足なこともあり、入社面接では真実が明らかにされないケースもあります。

そのため企業の現状をよく理解している就職/転職エージェントを用いて、あなたの代わりに質問をしてもらうことが必須になります。

利用料は完全無料。いっさいの手数料もかかりません

 

  • 就職なら、キャリアパーク就職エージェント
    ✓ 上場企業が運営
    ✓ 60秒でかんたん登録
    ✓ 最短3日で内定獲得
  • 転職なら、doda(デューダ)
    ✓ 転職満足度No.1
    ✓ Yahoo!Japanやamazonなど大手求人も多数
    ✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

 

まずはキャリアパーク就職エージェントdoda(デューダ)に登録して、就職/転職のプロに無料相談してみましょう。

もちろん無料で、面接通過に向けた対策履歴書を通りやすく添削してくれるので、使い倒しましょう!

イベントプランナーのやりがい

イベントプランナーは休日出勤や夜勤をするケースがあり、長時間労働になりがちな仕事です。

一方で、やりがいのある魅力的な仕事でもあります。

ここではやりがいを3つ解説していきます。

自分のアイデアを形にすることができる

イベントプランナーは自分のアイデアを形にできた際にやりがいを感じられる、クリエイティブな仕事です。

なにもなかった段階からクライアントの要望を聞いて企画書を作り、関係各所と協力してイベントを作り上げていきます。

「アイデアが思いつかない」「せっかく提案した企画が通らなかった」「予算内で企画することが難しい」など、形にするまでは苦労するケースも多い仕事です。

しかし困難を乗り越え、自分の頭で思い描いたプランが現実で作り出された際は、達成感や充実感を味わえます

自分の創造力に自信がある、アイデアを具現化することが好きという人はイベントプランナーに向いています。

チームワークの魅力を知ることができる

イベントプランナーではチームワークの魅力を感じられます。

イベントはイベントプランナーだけで作ることはできず、多くの人とチームを組むことがほとんどだからです。

とくに音響や照明など専門性の高い仕事がイベントの開催には必要です。

自分一人では作れなかったものを形にできたり、自分では思いつかないアイデアをもらえたりでき、良好なチームワークがイベントプランナーの成長につながります。

多くの関係者やスタッフと関わる仕事なため、時には意見や考え方がぶつかり合うこともあるかもしれません。

イベントを作る現場とクライアントとの間で板挟みになり、両者の調整にストレスを抱えるケースもあります。

しかしイベント企画の中心として、チームで協力しながらイベントを成功に導けた際は、チームワークの素晴らしさを実感できます。

多くの人に夢と感動を与えることができる

イベントプランナーの仕事は、イベントに参加してくれた人の記憶に残る夢や感動を与えることができます。

自分が考え、作り上げたイベントで、顧客に非日常的な体験を届けることができた際はやりがいを感じるでしょう。

イベントはアンケートや調査を通じて、顧客からのフィードバックが得られます。

自分が企画したイベントに対するフィードバックがイベントプランナーの元にはすぐに返ってくるのです。

顧客に満足してもらえた場合は達成感や充実感を得られ、そうでない場合は、次回以降によりよいイベントにするための改善点が見つかるでしょう。

イベントプランナーは「楽しかった」「面白かった」という顧客の生の声を聞くことが、仕事のモチベーションにつながる仕事です。

一方で、フィードバックの中には顧客からの厳しい意見や批判もあるでしょう。

顧客からのフィードバックを素直に受け止め、仕事への活力にできる人はイベントプランナーに向いています。

イベントプランナーのやりがい(まとめ)

一般的に感じられるイベントプランナーのやりがいを紹介しました。

しかし会社によって業務内容やクライアントは様々。

実際にこれらのやりがいをすべてのイベントプランナーで得られるかは入社してみないとわかりません

そんなときは企業の口コミサイトを確認することがおすすめ。

転職者や転職希望者が実際に口コミを書いているので、「良いことは良い」「悪いことは悪い」と正直な意見が書かれています。

 

 

ただ、登録なしだと口コミの全体が見ることができません。

無料登録をすることではじめて、48時間・上から10件の評判を見ることができます。

無料会員になれば、口コミ投稿をすることによって30日間口コミがすべて見放題になるので、投稿もしてみてはいかがでしょうか?

必ずしも正社員で働いた口コミでなくてもOK!

契約社員やパート・アルバイトの勤務経験でも口コミ投稿可能なので、過去のキャリアを絞り出して口コミ投稿していきましょう!

イベントプランナーに将来性はある?

イベント市場の規模は新型コロナウイルスの影響で一時的に減少したものの、年々拡大を続けており、イベントプランナーの需要は高まっていくでしょう。

イベント市場の規模は2021年は1兆4,999億円となっており、2028年には1兆5,529億円に達すると見られています。

イベントは全国各地で日々開催されています。

イベントを開催する主な目的は、企業または商品・サービスの宣伝や地域の活性化です。

そのためイベントの開催には、イベントの企画に精通したイベントプランナーの存在が欠かせません。

また新型コロナウイルスなど、時代の変化に合わせてイベントのあり方も変化しています。

たとえば下記などの、従来とは異なるコンセプトや手法が挙げられます。

  • SNSで思わずシェアしたくなる体験型のイベント
  • 異業種とのコラボレーション
  • オンラインとオフラインのハイブリッド
  • オンラインセミナー

時代や顧客のニーズに合わせたイベントを開催することが重要となり、イベント企画・運営のプロであるイベントプランナーの需要は高まると予想されます。

しかし、全てのイベントプランナーに将来性があるわけではありません。

スキルや経験が豊富で魅力的なイベントの企画・運営ができ、時代の変化にも対応できるイベントプランナーが求められます。

現代社会はデジタルテクノロジーの発展によって、顧客のニーズも多様化しています。

クライアントの要望を汲み取った上で、顧客が求める価値のあるイベントを作れるイベントプランナーが今後は重宝されていくでしょう。

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活サイト学生利用率5年連続No.1(2022年11月時点)
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

イベントプランナーに向いてる人|まとめ

イベントプランナーに向いてる人の特徴
イベントプランナーの大変なこと
志望するイベントプランナー職が大変なのかどうかを無料相談するなら
  • 就職なら、キャリアパーク就職エージェント
    ✓ 上場企業が運営
    ✓ 60秒でかんたん登録
    ✓ 最短3日で内定獲得
  • 転職なら、doda(デューダ)
    ✓ 転職満足度No.1
    ✓ Yahoo!Japanやamazonなど大手求人も多数
    ✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能
イベントプランナーのやりがい
志望するイベントプランナー職の口コミを見るなら

イベントプランナーはさまざまなイベントの企画・運営を行う仕事です。

多くのスタッフと円滑にコミュニケーションをとり、多岐にわたる業務を管理するスキルが求められます。

イベントの開催日時はそれぞれ異なるため、イベントプランナーは長時間労働になりがちで、休日出勤や深夜に業務をすることも多い仕事です。

一方で、イベントプランナーは自分の企画で多くの顧客にインパクトや感動を与えることができます。

イベントに責任感と情熱をもつ人には向いている仕事といえ、やりがいを感じながら働けるでしょう。

イベント市場の規模は年々拡大しており、イベントプランナーの需要は高まると予想されます。

日常的にトレンド動向をチェックする癖があり、市場の変化と顧客のニーズを分析した上でイベントを企画できるイベントプランナーは、今後ますます活躍の場を広げていけるでしょう。

イベントプランナーの仕事をしたいという方は、ぜひ本記事を参考にチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました