\イベントスタッフ会社16社を徹底調査/▶▶あなたに合う会社を探してみる

音楽業界に向いてる人の特徴【3選】楽しさや裏方の仕事などを紹介

音楽業界向いてる人 エンタメ転職/就職

音楽業界は人気の高い業界ですが、音楽業界に向いている人の特徴をご存じでしょうか。

音楽業界で働くことは大変な面もありますが、楽しさや魅力もたくさんあります。

そこでこの記事では、音楽業界に向いている人の特徴や楽しさ、さまざまな職種について詳しく紹介します。

\2022年最新 エンタメ業界おすすめ就職サイト3選/
キャリアパーク就職エージェント OfferBox dodaキャンパス
キャリアパーク就職エージェントのロゴ OfferBoxのロゴ dodaキャンパスのロゴ
✓ 上場企業が運営エージェントサービス
✓ 最短1週間のスピード内定!
✓ 大学生協のお墨付き
✓ 待つだけでオファーが届く!
✓ doda×ベネッセのタッグ
✓ 特別オファー99%が受信!
公式サイト 公式サイト 公式サイト

\2022年最新 エンタメ業界おすすめ転職エージェント3選/
doda(デューダ) マイナビエージェント マスメディアン
dodaのロゴ マイナビエージェントのロゴ マスメディアンのロゴ
✓ 転職満足度No.1
✓ ヤフー・アマゾンなど大手求人も多数
✓ 職種未経験でも安心
✓ 豊富な求人数から最適な求人を紹介
✓ エンタメ業界に強み
✓ 専門特化のノウハウで転職アドバイス
公式サイト 公式サイト 公式サイト

関連 エンタメ業界の転職おすすめサイトを紹介
関連 音楽業界の転職おすすめサイトを紹介

  1. 音楽業界に向いてる人の特徴
    1. 得意なジャンルがあること
    2. 体力があること
    3. 柔軟な考え方を身につけていること
  2. 音楽業界は楽しい?やりがいや魅力を紹介
    1. 自分のアイディアを形にすることができる
    2. 多くの人を感動させることができる
    3. アーティストの成長に直接関わることができる
  3. 音楽業界で就活を行うためにするべきこと
    1. 音楽業界のこれまでと今後について理解する
    2. 音楽業界への志望動機や目標を自己分析で明らかにする
    3. 自分が志望する職種についての研究と対策を行う
    4. 音楽関係の会社に就職し経験を積む
  4. 音楽に関わる仕事の裏方業務を6つに分けて解説
    1. 音楽を作る仕事
      1. 作詞家 作曲家
      2. サウンドクリエイター
    2. アーティストに関わる仕事
      1. 音楽事務所スタッフ
      2. 音楽プロデューサー
    3. アーティストを支える仕事
      1. スタジオミュージシャン
      2. ディレクター
      3. クラフトマン・リペアマン
    4. 音楽をリスナーに届ける仕事
      1. イベンター
      2. ライブハウススタッフ
    5. 音楽を伝える仕事
      1. レコーディングエンジニア・ミキサー
      2. PAエンジニア
      3. 舞台美術・照明
      4. 音楽雑誌編集者
    6. 音楽を教える仕事
      1. 音楽教師
  5. 【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】
    1. ①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定
    2. ②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー
    3. ③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信
  6. 【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】
    1. ①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利
    2. ②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド
    3. ③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ
  7. 音楽業界に向いてる人|まとめ

音楽業界に向いてる人の特徴

音楽業界は、非常に人気の高い業界です。

そのため、就職を希望する人の数も多くなるでしょう。

では、音楽業界にはどのような特徴を持つ人が向いているのでしょうか。

ここでは、音楽業界に向いている人の特徴を3つ紹介します。

得意なジャンルがあること

音楽業界へ就職を目指すうえで、自分の得意なジャンルがあるということはとても重要です。

音楽業界に就職したからといって、必ずしも得意なジャンルの業務に就けるとは限りません。

 

しかし、得意なジャンルを極めていけば、周りからそのジャンルについての意見を求められる機会も増えるでしょう。

上司から相談を受けたり、部署をまたいで意見を求められることもあります。

アーティストから頼りにされる存在になることができるかもしれません。

 

周りから頼られていることが実感できると、好きな音楽業界の仕事に就いているという喜びを感じられるでしょう。

音楽業界内での転職を行う際にも、得意なジャンルがあると高い評価につながる可能性もあります。

体力があること

音楽業界で仕事を続けていくには、体力があることがとても重要です。

イベントや収録、レコーディングなどの仕事には定時という概念はありません。

 

場合によっては深夜や早朝に仕事をすることもあります。

ライブなどイベント系の仕事では、土日に業務が発生することも珍しくありません。

 

また、1つの業務当たりのスタッフ数は少人数で構成されていることがほとんどです。

 

したがって、やらなければならないことも多く、体力的にも精神的にも非常にハードな仕事であるといえます。

憧れの音楽業界の仕事に就けたにもかかわらず、短期間で離職してしまうケースも少なくありません。

音楽業界で働いていくには、不規則な生活に耐えられるだけの体力が必要です。

柔軟な考え方を身につけていること

音楽業界で働いていくには、柔軟な考え方を身につけていることが重要です。

仕事相手となるアーティストは、個性的で、独創的な考え方をする人も少なくありません

アーティストのアイディアを実現させるために、様々な角度から物事を考えられる力も必要になります。

 

彼らを相手に仕事をするには、柔軟な思考回路で、新しい考え方を積極的に取り入れる姿勢でいることが大切です。

 

また、音楽業界は一般的な常識よりも業界の常識や慣習が優先されることもあります。

そのため、状況に応じた柔軟な対応力も必要です。

 

柔軟な考え方を持ち、好奇心旺盛で新しいことが好きな人に向いている業界であるといえます。

音楽業界は楽しい?やりがいや魅力を紹介

人気の高い音楽業界ですが、体力的にハードな面があることや、柔軟な思考力が必要なことがわかりました。

 

では、音楽業界で仕事をするなかでどのような楽しさややりがいを感じられるのでしょうか。

ここでは、音楽業界で働く楽しさややりがいについて紹介します。

自分のアイディアを形にすることができる

音楽業界で働いていると、自分のアイディアをもとに商品を作る機会があります。

自分のアイディアによって作られたものがヒットすると、たくさんの人に商品を届けることが可能です。

 

また、ライブなどの現場では運営側の意見や考えが強く反映されます。

楽曲や衣装、コンセプトなどを決め、ライブという形でアイディアを目に見えるものにすることもできます。

 

このように、自分のアイディアを形にできることが楽しさにつながります。

さらにそれが高い評価を受けたり、社会へ影響を与えるものになったときには大きなやりがいを感じられるでしょう。

多くの人を感動させることができる

観客が熱狂している姿を間近で見ることができるのも、仕事の魅力のひとつです。

ライブの運営などで多くの観客を動員することができたときには、大きな達成感を感じられるでしょう。

 

制作に関わることができれば、作品やライブなどに自分の意見が反映されることがあるかもしれません。

プロモーションの仕事であれば、自分のアイディアで作品が大きな話題となる可能性もあります。

 

人に届けられる仕事だからこそ多くの人を感動させることができ、とても大きな楽しさややりがいを感じられます。

アーティストの成長に直接関わることができる

音楽事務所のスタッフやプロデューサーの職に就いた場合、アーティストの成長に関わることができます。

また、アーティストの今後に大きくかかわるプロモーションや、楽曲そのものに携わることも可能です。

 

マネジメントを担当したアーティストの人気が高まっていく姿を、間近で見ることもできます。

自分が発掘したアーティストがスターになったときには、非常に大きな喜びを感じられるでしょう。

アーティストのライブ運営にも深くかかわることができます。

 

自分が担当するアーティストが大きな会場で満員のライブをする姿を見れば、大きな達成感を味わうことができるでしょう。

自分が直接関わったアーティストが成長していく姿を見届けられるのは、大きなやりがいであるといえます。

音楽業界で就活を行うためにするべきこと

音楽業界で働くことに魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。

音楽業界には様々な職種や企業があり、それぞれに合った準備を行うことが重要です。

ここでは、音楽業界で就職活動を行うためにするべきことを紹介します。

音楽業界のこれまでと今後について理解する

これまでの音楽業界は、ヒット曲を続けて出すアーティストも多く、CDの売上が好調な時代が続いていました。

しかし2000年以降、音楽共有サービスや動画配信サービスの影響で、CDの売上は低迷しています。

近年はサブスク型の音楽配信サービスが主流となっており、今後もその流れは続くと予想されています。

 

さらにコロナをきっかけに従来のライブ形式ではなくオンラインライブの需要も高まりました。

このように、音楽業界のビジネスモデルや需要は数年で大きく変化していることがわかります。

音楽業界への志望動機や目標を自己分析で明らかにする

音楽業界で働くためには、面接の場で志望動機を述べて自分をアピールする必要があります。

志望動機を作成する前に、しっかりと自己分析を行うことが重要です。

自己分析では、下記の点を中心に自分の目標ややりたいことを明確にしましょう。

  • なぜ音楽業界を志望するのか
  • どのような仕事がしたいのか
  • 自分の強み・弱み
  • 自分の経験やスキルを音楽業界でどのように活かせるか

自己分析ができたら、面接官を納得させられる志望動機の作成を行います。

自分の売り込める点は何かを考え、音楽が好きというだけではない具体的な志望理由を作るようにしましょう。

 

経験者の場合は、スキルをどのように活かしたいか、なぜ応募先の企業でないといけないかを伝えます。

自分が応募先の企業にとって役に立つ人材であることをアピールしましょう。

自分が志望する職種についての研究と対策を行う

音楽業界の中には、様々な職種があります。

自分はどのポジションに就きたいのかを考え、それぞれに合った対策を行うことが重要です。

 

まずは音楽業界にどのような職種があるのかを調べ、それぞれの仕事内容を理解します。

職種研究を行う上で、各職種に求められるスキルや資質を把握することが重要です。

 

それぞれにどのような特徴があるか分かったら、自分に合う職種はどれかを考えます。

自分が就きたい職種が決まったら、その職に就くための対策を行います。

 

専門的な知識が必要になる場合には、専門学校への入学を検討しても良いでしょう。

音楽関係の会社に就職し経験を積む

音楽業界では経験者が優遇されることが多く、専門学校やアルバイトで知識を身に着けているほうが有利です。

そのため、最初はアルバイトとして入り経験を積んで正社員となる人が多いのが実情です。

 

音楽業界を目指す場合は、音楽に関わるアルバイトをしておくと良いでしょう。

 

また、音楽業界の企業でのインターンシップに参加することもおすすめです。

音楽業界のインターンシップでは、事業内容の説明や仕事体験、グループワークなどが行われます。

インターンシップに参加することで、業務の詳しい内容や企業の雰囲気を知ることができます。

関連 イベントスタッフバイトのおすすめ会社

音楽に関わる仕事の裏方業務を6つに分けて解説

音楽業界においてパフォーマンスを行うのはアーティストですが、それを支える裏方の業務も重要です。

ここでは、音楽に関わる裏方の仕事を6つに分けて紹介していきます。

音楽を作る仕事

音楽を作る仕事は、「作詞家」、「 作曲家」、「サウンドクリエイター」などがあります。

作詞家 作曲家

作詞作曲を担当している人のことを「作詞家」や「 作曲家」と呼びます。

表でのパフォーマンスはせず、作品や音源を作ることが主な仕事です。

「作詞家」や「 作曲家」になるには、音楽理論を深く理解している必要があります。

サウンドクリエイター

CMやゲームの音、テーマ曲やBGMなど、さまざまな音を作る仕事です。

また、映画やドラマ、アニメなどで使用する音楽の制作も行います。

作曲家とは異なり、場の雰囲気に合わせた音を作成するスキルが必要です。

また、プログラミングによる音のデータ化といった作業も行います。

アーティストに関わる仕事

アーティストに関わる仕事には、「音楽事務所スタッフ」や「音楽プロデューサー」などがあります。

音楽事務所スタッフ

音楽事務所とは、アーティストの活動による売上や商品の売上により利益を得る会社です。

音楽事務所の中では、役割に合わせて部署が分かれています。

  • 制作部
    CDやDVDなどの商品を制作します。
    所属アーティストの歌や音楽を収録し、商品化することが主な役割です。
  • 宣伝部
    自社のCDやDVDの宣伝を行うことが主な役割です。
    CM制作や、広告の企画、テレビ局への宣伝のための営業活動も行います。
  • 営業部
    自社のCDやDVDを販売店の店舗に取り扱ってもらえるよう様々な活動を行うことが役割です。
    商品の売上を伸ばすためにイベントの企画なども行います。

音楽プロデューサー

アーティストを売るための最終責任者であり、楽曲の選定やコンセプト作り、企画・進行など様々な業務を行います。

プロデューサーになるためには、音楽業界での高い実績や経験、実力が必要です。

音楽を作ることに対して強い熱意を持ち、柔軟な価値観を持っている人が向いています。

アーティストを支える仕事

アーティストを支える仕事には、「スタジオミュージシャン」や「ディレクター」、「クラフトマン・リペアマン」などがあります。

スタジオミュージシャン

ライブやレコーディングの際に、バックバンドとして楽器の演奏を行う仕事です。

スタジオミュージシャンになるには、非常に高い楽器の演奏能力が必要です。

アーティストの依頼に即興で応えることもあり、豊富な演奏経験も求められます。

ミスなく演奏ができることや、譜面が読めることも重要なスキルです。

ディレクター

プロデューサーのもとで現場を仕切り、社内調整やアーティストのケアをおこなうことが主な仕事です。

ほかにも、レコーディングや新人育成、新たな人材の発掘など、業務の範囲がとても広いです。

プロデューサーと同じく、ディレクターもすぐになれるものではありません。

はじめはアシスタントとして入り、経験と実績を積むことでディレクター職に就くことができます。

クラフトマン・リペアマン

楽器そのものを製作するのが「クラフトマン」、楽器のメンテナンスを行うのが「リペアマン」です。

クラフトマン・リペアマンになるには、楽器だけでなく部品や電子回路についての専門知識が必要です。

音楽をリスナーに届ける仕事

音楽をリスナーに届ける仕事には、「イベンター」や「ライブハウススタッフ」などがあります。

イベンター

コンサートやライブなどのイベントを取り仕切る仕事です。

企画や制作、宣伝や広報など、イベントに関わる幅広い業務を行います。

また、クライアントやアーティストとの交渉業務もイベンターの仕事です。

イベンターになるには、企画力や発想力、高いコミュニケーションスキルが必要です。

また、お金の管理も行うため、利益の予算を組む能力なども求められます。

ライブハウススタッフ

ライブハウスのスタッフとして、アーティストのブッキングを行うことが主な仕事です。

出演アーティストやバンドからのチケットノルマで売上を確保します。

ライブの企画などを通じて、音楽の楽しさや魅力を多くの人に伝えることができます。

ライブハウススタッフになるには、企画力やコミュニケーションスキル、幅広い音楽の知識が必要です。

音楽を伝える仕事

音楽を伝える仕事には、「レコーディングエンジニア・ミキサー」「PAエンジニア」「舞台美術・照明」「音楽雑誌編集者」などがあります。

レコーディングエンジニア・ミキサー

アーティストやディレクターが思い描く音を実現させるために、音の調整を行う仕事です。

録音した音源を、DAWソフトや機材を用いて修正し、完成系の音源を作成します。

機材の操作などの特殊な技術が必要なため、専門学校で学び就職する人が多いです。

PAエンジニア

ライブやコンサートだけでなく、舞台やイベントなどで会場の「音」をコントロールする仕事です。

楽器についての知識や、音域・音質の特徴に対する理解、音響機器を操作できるスキルが求められます。

音響についての知識や操作技術などの専門的な知識を身に着けるには、専門学校や大学で学ぶことが必要です。

舞台美術・照明

音楽業界の仕事には、舞台に関わる職種もあります。

舞台美術では、演劇の舞台やショーの美術部門全体を担当します。

舞台上の装飾や道具の制作、衣装のデザインや制作なども行うため、舞台美術に関わる高い知識が必要です。

舞台照明は、演劇やコンサート、イベント会場のステージでの照明を担う仕事です。

ステージを照らすだけでなく、光を用いた時間や天候の演出も行います。

音楽雑誌編集者

音楽雑誌の企画から記事の作成、編集を行う仕事です。

企画の内容によってはアーティストへのインタビューなどを行うこともあります。

記事の執筆では、音楽のジャンルに応じた深く専門的な知識が必要になります。

ライブや演奏会に出向いたりさまざまなジャンルの音楽に触れるなどし、新鮮な情報を持っておくことが重要です。

音楽を教える仕事

音楽を教える仕事には、「音楽教師」があります。

音楽教師

ピアノやギター、ドラムなど、音楽教室で講師を行う仕事です。

小さい子供から大人まで幅広く教えることができます。

また、自分の教室を開くなどして自分のペースで働くことも可能です。

教員免許は必要ないことがほとんどなので、楽器の演奏スキルや教える力があれば、音楽教師をすることができます。

\\ 【転職向け】完全無料!かんたん3分登録 //

URL:https://doda.jp/

※転職者満足度No.1
\\ 【就職向け】完全無料!かんたん60秒登録 //

URL:https://careerpark-agent.jp/

※最短3日内定の大人気サービス

【新卒採用・就活向け】そんなあなたにおすすめの就職サイト【3選】

エンタメ・音楽・イベント業界での就職を成功させるためには、何よりもライバルとの情報の差がポイントになります。

履歴書をはじめとした書類や面接での質問・逆質問などは、業界や業種・企業によって特徴が様々です。

おすすめの就職サイトを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの就活・人生が変わります。

①キャリアパーク就職エージェント|上場企業運営!最短1週間内定

キャリアパーク就職エージェント公式サイト

URL:https://careerpark-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 上場企業が運営する日本最大級の就職エージェント
✓ 最短1週間で内定を宣言
✓ 年間1,000名以上と面談する就活のプロが厳選した企業を紹介

運営会社 ポート株式会社
紹介求人数 優良企業に厳選した300社(2022年11月時点)
内定までの期間 最短1週間
対応地域 日本全国
料金 無料

>> キャリアパーク就職エージェント公式サイトを見る

②OfferBox|大学生協もお墨付き!待つだけで企業からオファー

OfferBox公式サイト

URL:https://offerbox.jp/

おすすめポイント

✓ 大学生協もお墨付き
✓ 就活サイト学生利用率5年連続No.1(2022年11月時点)
✓ 待つだけで企業からオファーが届く

運営会社 株式会社i-plug (アイプラグ)
登録企業数 12,520社以上(2022年11月時点)
登録学生数 398,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> OfferBox公式サイトを見る

③dodaキャンパス|doda×ベネッセのタッグ!特別オファー99%受信

dodaキャンパス公式サイト

URL:https://campus.doda.jp/

おすすめポイント

✓ 学生満足度総合2年連続No.1
✓ ベネッセ×dodaのサービス信頼性
✓ 企業からの特別オファー受信率99%

運営会社 株式会社ベネッセi-キャリア
累計契約企業数 7,600社以上(2022年11月時点)
登録学生数 878,000人以上(2022年11月時点)<
対応地域 日本全国
料金 無料

>> dodaキャンパス公式サイトを見る

【中途採用・転職向け】そんなあなたにおすすめの転職エージェント【3選】

「求人サイトを見ているけど、いい求人がないなあ…」

いつまでそんなこと言ってられますか?

エンタメ・音楽・イベント業界の求人は人気です。

人気ということは、一般で募集をかけていると応募が殺到してしまい、採用担当者が疲弊してしまいます。

そのため、頭のいい企業は転職エージェントを間に挟んで、ふるいわけしているのです。

 

早く転職エージェントを使って、転職を成功させましょう!

おすすめの転職エージェントを厳選したので、まずは1つでもいいので使い倒してください

あなたの転職・人生が変わります。

①doda(デューダ)|転職満足度No.1!求人サイトとしても使えて便利

doda公式サイト

URL:https://doda.jp/

おすすめポイント

✓ 転職満足度No.1(電通バズリサーチ調べ)
✓ Yahoo!Japanやamazon、サイバーエージェントなど大手求人も多数
✓ 1回の登録で、転職サイトとしても転職エージェントとしても利用可能

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 165,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> doda公式サイトを見る

②マイナビエージェント|特に20代におすすめ!安心のマイナビブランド

マイナビエージェント公式サイト

URL:https://mynavi-agent.jp/

おすすめポイント

✓ 職種未経験でも安心のサポート体制
✓ あなたに最適な求人を紹介
✓ 応募書類の添削・面接対策実施

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 50,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 40,000件以上(2022年11月現在)
対応地域 日本全国・海外対応
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・
栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・岐阜県・
静岡県・愛知県・三重県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・
岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・
佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県・海外
料金 無料

>> マイナビエージェント公式サイトを見る

③マスメディアン|エンタメ系に強い!専門特化ならまずはココ

マスメディアン公式サイト

URL:https://www.massmedian.co.jp/

おすすめポイント

✓ マーケティング・クリエイティブ職種の求人数・転職支援実績No.1
✓ 専門特化のノウハウで企業ごとの特徴に合わせたアドバイス
✓ 宣伝会議グループのネットワーク

運営会社 株式会社マスメディアン
公開求人数 4,000件以上(2022年11月現在)
非公開求人数 不明
対応地域 東京・名古屋・大阪・福岡
(勤務地は、関東・関西・北陸・東海・中部・九州にあり。)
料金 無料

>> マスメディアン公式サイトを見る

音楽業界に向いてる人|まとめ

今回は、音楽業界に向いている人の特徴や、楽しさとやりがいについて紹介しました。

音楽業界での仕事は体力的・精神的にハードな面もありますが、その分大きな達成感を味わうこともできます。

また、音楽業界にはさまざまな職種があり、それぞれに求められる資質やスキルは異なります。

こちらの記事を参考に、業務内容について理解を深め、自分が音楽業界でやりたいことを見つけてみてください。

関連 音楽業界はやめとけと言われる理由【3つ】とブラック企業の見極め方【4つ】

関連 エンタメ業界とは?やめとけ?しんどい・やばいと言われる理由【3選】

関連 エンタメ業界のホワイト企業ランキング【29選】ブラック回避の方法【3選】

タイトルとURLをコピーしました